キス釣りの時期はいつ?シーズンごとのキス釣りと釣り方のコツをご紹介します!

キスの時間帯

キスは、季節や気温によって浅瀬に居る時間が異なり、それによって釣りができやすい時間と、沖へ行ってしまい、釣れにくい時間帯があるので、場所を事前に確認しておくことがキスをたくさん釣りたい人にはおすすめです。

日中のキス釣り

キスは基本的に日中に餌を食べているので、明け方から日が沈む夕方くらいまでがとても釣れやすい時間帯です。なので、浅瀬での釣りで、たくさん釣れるチャンスです。釣りの初心者も、明るくて見えやすいのと、沢山釣れるので日中での釣りはメリットがあります。

夜間のキス釣り

キスのメスは、夜間に産卵することが多いので、抱卵中の大きいサイズのキスが釣れやすくなります。真夏は昼間だと暑いため、夜間の気温が下がって居る時間帯がおすすめです。汽水域でも、大型のキスが狙えるスポットです。しかし、夜間は見えにくいので、置き竿などで引っかかるのを待ち、十分注意して釣りをしてください。

キスの釣れる時期

キスは暖かい場所を好み生活をしているので、イメージでは、冬と比べれば夏の方が釣りができると言われています。しかし、キスはシーズン関係なく、常に釣りのターゲットになる魚です。なので、四季に合わせて、どの様な釣りの仕方がしたいかで、釣りの時期の選び方が変わってきます。

春の時期は、温水が安定してきて、キスが上がってくるのにとても丁度良い時期です。深場から大きいサイズのキスが小さいサイズよりも早く上がってくるため、とても大きなサイズのキスが現れると言われています。また、産卵の準備のために砂地へ上がってくるキスが増えてきます。産卵は、海藻の多い場所でするため、キスをたくさん釣りたい人は、海藻の多い場所を探すことをおすすめします。

夏は、キスの産卵のシーズンなので、より多くのキスが砂地エリアに上がってきます。なので、より多くの人が釣りに訪れ、たくさんのキス釣りを楽しむことができます。小型のピンキスも増えてくるので、色々なサイズのキスが釣れます。また、春と同じで海藻が多くある場所を選ぶと釣れやすくなります。ベストな時期は暑さがピークのお盆前と言われています。しかし、暑すぎると、水温が安定した場所を求め、深場へ戻ってしまうキスも居るので、遠投を試してみるのも効果があります。初心者向けにもキスの多い季節はとてもやりやすいため、おすすめです。

秋のシーズンは、産卵が終わって居るので、夏に比べてキスが砂地にいることは少なくなっていきます。しかし、夏に気温が上がりすぎて深場へこもっていたキスが、暑さが引いた秋の始めに上がってくることがあります。また、冬の前に荒食いをしに戻ってくるキスが居るので、そこを狙って釣りをするのもポイントです。更にこの時期は、出てくるキスの平均サイズが20cmを超えるので、大きめのキスにはとてもよい時期です。さらに、約30cmほどのある巨大なキス『ひじタタキ』も現れるので、大きなキスを釣りたい人にはおすすめの季節です。

冬は、キスが深場へ戻ってしまうため、釣りは難しくなるので遠投を狙うことが多くなります。日中であれば、水温も上がるので、昼から夕方頃にかけては、釣れる可能性も高くなります。稀に残っていて釣れることもありますが、寒い時期はあまり釣れないので、初心者には少し難しくなります。

NEXT キスの分布