林真須美と和歌山カレー事件の現在|生い立ちや冤罪の可能性、息子の活動も

林真須美が和歌山カレー事件を起こした動機は?

mary1826 / Pixabay

状況証拠が一番の焦点になった事件ですが、本人は認めていません。林真須美の弁護側も、実際動機が見当たらないことに注目を浴びているのです。その場にいたのが白い服の女性という点から、林真須美は黒いTシャツだということは目撃されています。その他にも立っていて何かをしていた話もありますが、足を悪くしていたとされる林真須美は、お昼過ぎの30分間座っていたともされているのです。

お昼から夕方までの間には時間もあることも言えるでしょう。そして一番の問題が「動機」ですが、供述でも無実を訴えているので根本的なことが見つかっていません。検察側の主張する状況証拠ですが、後の鑑定で種類が違うともされていることからポイントは動機でしょう。

明確な動機は無い

Free-Photos / Pixabay

当初から「やっていない」と供述していることは、犯人であっても必ずあることです。冤罪事件によく見られる「動機」については、彼女の場合見当たっていません。これといった明確な動機が見当たらない、そもそも「動機がない」ので、あるのは自宅から検出されたヒシロアリ駆除用の成分とカレーの中にあった一部のヒ素です。

そのヒ素ですら、最初は「青酸カリ」と言われていたほど、検察側の意見が正しいかは疑われることでもあります。少ない状況証拠の中で下された判決ですが、動機が分からないまま執行の時を待つのでしょうか。疑問が多く残る中、報道陣に水をかけるシーンだけが疑われる場面かもしれません。

近隣住民への恨み説もあり

pixel2013 / Pixabay

近隣トラブルがあったため、恨みを持っていたとされる説も浮上していますが、実際不仲な人間同士で「夏祭り」を行うでしょうか。ましてや当番となると責任があり、綿密な計画や相談も近所でなされたことでしょう。近所と問題があったから、恨みがあるからといって無差別に人を殺すでしょうか。

ヒ素はすぐに足がつくものなので、大量殺人などではすぐに断定されてしまうことでもあります。近隣住民に恨みがあったからという理由で、リスクを負ってまで咄嗟に行う行動ではありません。いつ誰がどこで見ているか分からない中、近隣住民に見られたらアウトです。綿密に計画を立て、詐欺行為を行うほど用意周到だった林真須美が、隙を突くような真似は考えにくいかもしれません。

林真須美には冤罪の可能性も

PDPics / Pixabay

保険金詐欺は認めている彼女ですが、無差別に殺す事件に関しては一貫して無罪を主張しています。ただ、詐欺行為も1人ではできないことも言えて、診断書が必要になることは明らかです。ただそれについては、共犯説が一向に出ないことは不思議な部分でしょう。ネットの声やメディアの報道だけ捉えれば、様々な意見もあります。弁護側が何度も即日控訴していることからも、冤罪の可能性も視野に入ることでしょう。

ネットの中でも「冤罪の可能性」について触れられていますが、事実物的証拠は挙げられていません。冤罪目線で考えると、メディアに向けての行動も「子供は晒したくない」と思う親の一面に捉えられるのではないでしょうか。すぐに速度を増すメディアの報道に翻弄されていただけで、真相は「冤罪」の可能性も秘めているかもしれません。

冤罪説の根拠①完璧な証拠は見つかっていない

bluebudgie / Pixabay

「物的証拠」や「動機」など、または「状況証拠」が鍵となるのが裁判であり、判決理由ではないでしょうか。その中の「物的証拠」については、再審請求にもあったように違いが指摘されています。「動機」については「殺す理由がない」とされているので、残るは「状況証拠」だけになるでしょう。

では3つがなくてはならないのにも関わらず、採用されたのは「状況証拠」とあり不思議なことです。とても証拠の少ない事件だったにも関わらず、恨みだけで自殺行為的犯罪を犯すのか疑問が残ります。計画的な犯行をしてきたとされる林真須美ですが、そもそもガレージから検出されたヒ素には指紋がありません。

mohamed_hassan / Pixabay

彼女の家のガレージなので、指紋はあっても不思議なことではないですが、指紋がないことの方が反対に不自然の思えるのではないでしょうか。

これという決め手となる、完璧な証拠が見つかっていないことが、疑問に残る部分かもしれません。普通であれば証拠不十分とも捉えられる判決は正しかったのか、証拠だけ見ると乏しいことが伺えるでしょう。

冤罪説の根拠②金にならない殺人を犯す理由がない

Maklay62 / Pixabay

彼女が保険金詐欺を行ったことで、殺意が芽生えやすい人間とは決められません。近隣住民に被害が及ぶことを想定したとして、騙した金で生活をする彼女が金にならない殺人を犯すでしょうか。無差別殺人で、しかもヒ素が混入されていたことは大量殺人も計算できたはずです。

頭の良かった林真須美が子供の今後を無視してまで、保険金もかけていない住民を殺すかは疑問が残ります。死刑になることを覚悟してまでの思いがあったとは、考えにくいことでしょう。保険金詐欺の犯人は、最終的に保険金をかけた人間を殺すのではないか、と考えることが正しいのかもしれません。彼女の辿った行動が無差別殺人だとすると、突然危ない道を渡るのか疑問でしょう。

冤罪説の根拠③他の人間にも混入は可能

geralt / Pixabay

白いシャツの人間が立っていた、などの話がある通りいくつかの人が当番を担当していたはずの事件です。お昼過ぎから夕方までの時間全てを費やし、その場にいたわけではありません。むしろ出かけていたという話すらあるのです。彼女が立っているところを見たという証言もありますが、同時に隠れていた部分からの目撃なので、本当に見えていたか、ともされています。

おそらく中には味見をした人間もいたはずで、そうでなくても昼から夕方までの時間の中では、他の人間にも混入は可能なのです。反対に捉えると、昼過ぎから夕方まで誰も鍋を開けなかったことの方が不自然かもしれません。焦げ付いてはいけないと混ぜるのがカレーなので、鍋を閉めたままの状態の方が不可思議です。焦げ付いたカレーになることを嫌って、誰かしら味の確認はしていることが伺えます。つまり他の誰であってもどこの人でも、混入は可能になるということに繋がるのではないでしょうか。

冤罪説の根拠④子供たちにカレーを食べるなと言っていなかった

Olichel / Pixabay

自分自身だけではなく、子供たちにもカレーについて触れていません。自分の子供たちにすら、カレーを食べるなとは言っていなかったことが分かっています。無差別殺人にしてはおかしな点が多いことが伺えるかもしれません。無差別に殺そうとするなら、もっと違う方法で行うこともできたはずです。

彼女は普通にその場にいて、カレーを子供たちも食べる状況にあったのです。一家心中でもなく、自分だけ助かる目的で子供危険に晒すなどは尋常な親では考えられないでしょう。

rickey123 / Pixabay

それとも、実の子供すら危害が及ぶ恐れがある、犠牲にしても平気な無差別殺人など例を見ないことが、この事件のみ特別に起こったのでしょうか。

一番下の子供でも当時4歳でした。子供たちのこれからを全く無視した行動をとったとは考えにくいともいえます。

NEXT 和歌山カレー事件後の林真須美の子供たち