辻菜摘(ネバダたん)が起こした佐世保事件の真相と現在は?結婚してる?

佐世保小6殺害事件に類似している事件

geralt / Pixabay

今回ご紹介している事件は同級生同士が被害者、加害者となってしまった刃物が用いられた殺人事件で、同級生を殺害するというケースは極めて稀であり、センセーショナルに扱われているのですが、これまでにも日本や世界で類似した事件が発生しているのです。こちらではそんな類似している事件の詳細をまとめて皆さんにご紹介していきます。

佐世保女子高生殺害事件

今回取り上げている事件から10年後の佐世保市で起きた類似事件。被害者となって殺害されてしまったのは当時女子高生で、また加害者となり殺害したのも同級生の女子高生だったのです。頭を何度かハンマーのような物で殴り、更にロープのような物で首を絞めて殺害という犯行に及んでいます。

この事件は犯行動機が明確にわかっておらず、多くのジャーナリストや著名人、各学会教授がそれぞれの見解を述べていて意見が割れているのです。過去の生い立ちや人物像を見てみても、殺人を犯す様な人柄ではない点が不可解であり、犯行の動機について多くの謎が残っているのです。奇しくも同じ市街で数年後、同級生による悲劇が繰り返されてしまったのです。

高校生首切り殺人事件

この事件は昭和44年に起きています。いじめっ子であった男子高校生が被害者。いじめられていた男子高校生が加害者という構図でした。ある日2人は近くの野山に行きそこで加害者があらかじめ所持していたナイフを驚かせようとして見せるのですが、それに対して被害者は『お前の顔豚に似ている』と挑発しました。

その挑発に逆上し激昂した加害者はその刃物で数回加害者を刺すと、倒れ込んだ加害者から反撃を貰わない様にと、その刃物を使い頭部を首から切断したのです。事件及び容疑が発覚し加害者が逮捕された後、少年院に収容され、数年後出所すると弁護士になったそうです。

スレンダーマン刺傷事件

Mysticsartdesign / Pixabay

平成25年にアメリカで起きた事件です。犯人は12歳の女児2人でこの事件の名前の通りあの有名なホラーキャラクターにインスパイアを受けて、そのキャラクターを真似るかのように友人を森林におびき寄せてそこで刃物を何度か突き刺して、大怪我をさせたという恐ろしい事件。

この時この犯人2人も重度の精神疾患が見受けられたことにより、刑事責任が問えないと判断されました。そして今回取り上げている事件同様に当事者である3人は皆同じクラスの同級生だったのです。被害者となった少女も大事には至らず無事退院できています。

アスペルガー症候群と診断された凶悪犯罪者による事件

アスペルガー症候群と診断された者による犯罪は責任能力を問う問わないの基準が明確に定められおらず、非常に問題視されています。勿論その犯行内容や犯人の供述によっては、検察や裁判官がアスペルガー症候群の有無に関わらず、その人格に大きな問題があると判断された場合は健常者同様の刑事処罰が下されるのです。

こちらでは日本で来たアスペルガー症候群と診断された凶悪犯罪者による事件をご紹介し、犯罪者が犯した犯行と最終的な罪状などの詳細を皆さんにご紹介していきます。未成年者による凶悪犯罪と同様にこちらもセンセーショナルに扱われているのです。

犯罪者にアスペルガー症候群が多いわけではない

Engin_Akyurt / Pixabay

決して勘違いしてはいけないのが、犯罪者にアスペルガー症候群が多いわけではないという事。むしろ精神疾患を持っていない正常者のほうが犯罪者の割合が3倍近くも高いのです。割合なのでその人口がもともと少ないアスペルガー症候群を患っている人が犯罪者のケースは極めて少ないと言えるのです。

豊川市主婦殺人事件

Free-Photos / Pixabay

この事件は平成12年に起きた凄惨な事件です。なんと犯罪者は今回取り上げている事件同様に未成年者でありアスペルガー症候群と診断された人物だったのです。犯人は見ず知らずの主婦を何十回も刃物で突き刺し殺害した後、その夫すらも大怪我を負わせているのです。動機が極めて残虐なもので殺してみたかったというもの。

事件発覚し逮捕された後、精神鑑定が行われアスペルガー症候群と診断された、当時の少年法により16歳未満は刑事処罰の対象にならなかった為、少年法に収容されたのです。恐らくは現在もう既にこの世の中に溶け込んでいるであろう。またこの事件も少年法が見直されるきっかけとなりました。

長崎男児誘拐殺人事件

jplenio / Pixabay

この事件は平成14年に起きました。またも犯人は未成年で僅か12歳でアスペルガー症候群でした。そして犠牲者となり殺害されてしまったのは当時3歳の男児でした。彼は男児を優しい言葉で騙して誘拐すると、その後駐車場ビルの最上階で暴行を加えると、男児の性器を数回刃物で切りつけたのです。

その瞬間犯人は周りに監視カメラが備え付けられている事に気付き、激しく動揺して泣いていた男児をそのままビルの最上階から投げ捨てる様に殺害したのです。彼は『幼い頃僕もやられていた』と動機に関してそう供述しました。当時の年齢から刑事処罰の対象ではなかったので、支援施設に収容されました。

NEXT 平野区市営住宅殺人事件