サイコパスと噂される有名人・芸能人まとめ!特徴やエピソードを交えてご紹介

乙武洋匡

生まれついて左右の2本の腕、2本の脚が無い障害を持っている乙武さん。道徳の教科書で取り扱われるほど有名になった『五体不満足』という本の著者としても有名で、コメンテーターとしても人気であった彼ですが、3年前に数多くの不倫が発覚して、日本中を騒がせてしまう事となりました。なんと交際していた不倫相手は5人もいたそうです。

もともと彼は結婚していて、その奥さんはずっと不自由な彼の事を一生懸命支えてきたそうですが、このような形で簡単に裏切れるという点でまず人格を疑ってしまうのですが、一連の不祥事が発覚して離婚を求める奥さんに対して『面倒を見ないと障害者を虐待をしたという事で訴える』と非道徳的な発言をしたのです。

堀江貴文

実は成功者や実業家に精神異常者が多いと言われているのです。ホリエモンこと堀江さんもまた日本を代表する実業家として知られています。かつて逮捕されてしまったことも、疑惑を強める大きな要因なのですが、一番の要因は問題発言の多さではないでしょうか?

公然の場で自身が考えである、『工場や生産ラインで働く人は理解できない』などと他人を平気で否定、批判していてこの事から、人格が歪んでいるのではないかと疑われるようになってしまったのです。また他の人物とは違う観点や見解を持っている事から、普通の人ではない。異常な感性を持っている。と思われるようになっていたのです。あまり知られていませんが、人並み以上に『死』に関しては恐怖していて人間らしさも垣間見れる人物なのです。

なぜ有名人にはサイコパスが多い?

ijmaki / Pixabay

多くの人物が人格異常者の疑いがある事を知っていただけたはずです。中には言われているだけで実際は健常者の方もいるでしょうし、実際に専門家やカウンセラーに診断してもらい、疑いがあると結果を言い渡された人物もいるくらいなのです。

では何故有名人や芸能人にはそういった反社会性パーソナリティを持っていそうな人物が多いのでしょうか?実はこれにはちゃんとした根拠や理由があるのです。次にその特徴や根拠について皆さんに解説していきます。

魅力的に見える特徴が多いため

kudybadorota / Pixabay

ここまで数多くの有名人や芸能人の中から、サイコパスの疑いがある方を何人か皆さんにご紹介して、また疑惑を生むエピソードや言動をお話ししていきました。芸人を見ていただくとわかる通り、小藪一豊さんや松本人志さん、島田紳助さんなどとても口達者な人物が多い事が分かっていただけたのではずです。

実は自分に絶対的な自信があり、自分の事を語りだしたら止まらなくなるのも、人格異常者の特徴の一つなのです。上記に挙げた人物はみんな、自分の事を絶対的な存在として捉えて、自信に満ち溢れた話をしていると言っても過言ではありません。我々はそれを面白いと捉える事ができるからこそ、テレビに出演する芸能人に多いと言えるのではないでしょうか?

凶悪犯罪を犯すサイコパスは少ない

Free-Photos / Pixabay

最近の傾向では『凶悪殺人鬼』『猟奇的愉快犯』などにこの言葉がまとわりついて、そのような犯罪者たちのイメージが拭えないですが、実際は凶悪犯罪者になる人格異常者はそう多くはなく、寧ろ少ないくらいなのです。また必ずしも卑劣な犯罪者、非人道的な犯行に及んだ犯人がサイコパスかというと、そうではないのです。

先ほども少しお話しさせていただきましたが、世界的に見ても実業家や成功者、起業家に多いと言われていて、偉大な人物になりえる可能性のほうが高いのです。世界的に有名で超一流のappleやディズニーの創業者やCEOも、実は良い作用強く現れた1人のサイコパスなのかもしれません。今一度その意味や定義について把握して理解を深めていきましょう。

歴史上の人物にもサイコパスが

Gellinger / Pixabay

現代でも意外と反社会性パーソナリティ障害の人は少なくないのですが、過去にもそのような人物が少なからず存在したと言われているのです。世界的に知られている歴史人や偉人の中にも、もしかしたらという人物がいるのです。果たしてその人物とはいったい誰なのでしょうか?また何で有名な人物なのでしょうか?

ここからは反社会性パーソナリティ障害である可能性がある歴史上の人物を何人かピックアップして皆さんにご紹介していきます。もちろん実際に当時はその病気や障害も、精神科やカウンセラーも存在していなかったので、あくまでも可能性があると言われているだけ断定はできません。その点は分かっていだいてご覧になってください。

チンギスハン

DarkWorkX / Pixabay

かつて広大な大地を一挙に制圧し国として治めた、モンゴルの暴君『チンギスハン』ですが、彼は非常に戦を好み膨大な軍事力をもって他国を責めて荒らす事に、何の躊躇もなかったと言われているのです。またかつての戦友すらも利害に基づいて平気で切り捨てたり、自身の子ではないかと噂された王子すらも追放するなど、生涯を通して破天荒な性格が目立ったのです。

様々な逸話や諸説がありますが、どれも血も涙もないような権力や軍事力をまざまざと見せつける内容なのです。その名前は一説によると『荒狂う王』という意味で、いかにも彼の性格を表した皇帝らしい名前なのです。もしかすると、偉大な彼の大胆かつ破天荒な性格は、人格異常者によるものだったのかもしれません。また英国人からは最初の戦争犯罪者と言われています。

スターリン

Designer-Obst / Pixabay

世界的に知られている独裁者と言えばヒトラーとこのスターリンです。彼は現在のロシア、昔のソビエト連邦のトップだった人物で、彼の思考や理念などのマインドは、後の独裁者である金正日や毛沢東などに受け継がれたと言われているくらいなのです。その性格は非常に残忍で無慈悲であったと語り継がれているのです。

キレ者で頭の良さや巧みな話術で一気に最上位の権力者まで上り詰めると、自分の事を支持しなかった人間、悪口などをいった人間を大量虐殺したのです。その死者の数は約2000万人にも及ぶと言われているのです。自身が気に食わないという勝手な理由で、大勢の人間を無慈悲に殺害するという言動はまさに人格異常者と言えるのではないでしょうか?

NEXT ティムール