サイコパスと噂される有名人・芸能人まとめ!特徴やエピソードを交えてご紹介

ティムール

Free-Photos / Pixabay

もともと歴史や宗教に興味や関心のあったティムールは、知識人として博学者としても知られているのですが、彼は残虐な行為を楽しんでいたという事も知られています。彼が率いる軍や国では幾度も大きな戦争が繰り広げられましたが、攻め入った都市を制圧する際には武力や権力を行使して、多くの人々を虐殺する事によって、恐怖を与えて統治したと言われているのです。

さらに殺されたのは大人だけではなかったのです、敵軍の子供たちをも大量虐殺し、小さな幼児たちすらも馬を使って踏み殺すなどと、残虐性の高さが伺えるのです。またその際、彼は『子供たちに対する慈悲の気持ちが全く湧かなかった』とも冷徹な発言しているのです。多くの人々を躊躇いもなく人々を殺害する彼の所業はまさにサイコパス筆頭と言えるのではないでしょうか?

サイコパスかもしれないハリウッドスターたち

SJJP / Pixabay

これまで日本の有名人・芸能人に続いて歴史上の人物も精神異常者が疑われている人物を、エピソードや言動を交えてご紹介していきましたが、世界的に知られているハリウッド映画に度々出演しているハリウッドスター、ハリウッド俳優にも人格を疑われている人物がちらほらいるのです。

ここではそんな人格異常者の疑いのあるハリウッドスター・ハリウッド俳優をみなさんにご紹介していきます。もし興味のある方や気になった方は、その人物が出演している作品を視聴してみるのも良いかもしれません。

ロビン・ウィリアムズ

彼はアメリカ合衆国の名俳優で現在は亡くなっています。数々の代表作を残してきました。これまでにアカデミー賞に何度かノミネートされた経験もあり、助演男優賞も獲得していることがあるのです。表向きでは役柄も非常に明るく楽天的な性格が多く、プライベートでもそんな性格が際立っていた人物なのですが、一部では闇を抱えていたのではないかと囁かれているのです。

代表作である『レナードの朝』や『グットウィルハンティング』では明るく陽気な役とは打って変わって心に闇を抱えて、常に葛藤している様な役を演じたのですが、この役柄での演技のほうが実際の彼の人格に近いのではないかと囁かれています。また死因は極度の鬱による自殺だったという噂も流れているくらいなのです。

チャーリー・シーン

1866946 / Pixabay

子供の時から度々アメリカのドラマや映画に出演している有名なハリウッド俳優ですが、裏の顔も広く知られていて有名なのです。プライぺートでは薬物を乱用したり、銃を乱射して事件を引き起こしていて、更にはアルコール依存症患者としても知られているのです。この事から精神異常者なのではないかという疑われています。

また数千人もの女性と性交に及んだという伝説も有名であり、その事が引き金となったのか彼はエイズに感染しています。エイズに感染していながらも、性交を繰り返して感染者を増やしていたことが明らかとなり、彼のモラルが大きく問われることとなりました。自分の欲求を満たすためなら相手の事を気にしない。まさにサイコパスと言えるのではないでしょうか?

マコーレー・カルキン

日本でも毎年恒例となっているクリスマスの時期にはロードショーで『ホームアローン』シリーズが放送されますが、その記念すべき第一作目と第二作目の主演子役を務めているのが彼なのです。ハリウッドスターの中でも子役を強烈に印象付ける彼ですが、ホームアローン以降は目立った作品に出演しておりません。

それどころか私生活で薬物に溺れてしまい体重が激減して、初々しさを感じさせられるあの若かりしホームアローンの時代の彼は見る影も亡くなってしまい、病的な姿を世界中に広めたのです。元々両親は離婚していたらしく、両親の間で金銭を巡りトラブルが相次いだことから、少し人格が歪んでしまったことも十分に考えられるのです。

アンソニー・パーキンス

実在した凶悪連続殺人犯を題材にしたまさしく『サイコ』という作品の中で、彼は凶悪犯を主演で演じるのですが、猟奇的で狂気に満ち溢れた彼の演技は人格異常者、凶悪犯罪者そのもので当時から現在まで大きな反響を生んで、評価されています。その熱演が逆に仇となってしまって、それ以降アンソニーには『狂人』のレッテルが貼られてしまう事となってしまいました。

役柄のイメージ拭えなかったハリウッド俳優たち

  • アンディ・ロビンソン『ダーティーハリー』
  • マルコム・マクダウェル『時計仕掛けのオレンジ』
  • アンソニー・パーキンス『サイコ』

アニメ漫画のキャラクターもサイコパスが

johnhain / Pixabay

ドラマや映画で痛烈なキャラクターを印象付ける精神異常者は、当然アニメや漫画の世界でもそのようなパーソナリティを持ったキャラクターが描かれることは少なくありません。もちろん空想上の人物なので実際に診断できるものではありませんし、あくまでもそう言われているだけにすぎないのです。

ここではそんな人格が歪んでいる様な、モラルに欠けた様なアニメや漫画のキャラクターをご紹介していきます。どういう人物で何の作品に登場するかも合わせてまとめていきます。どのキャラもきっと個性的で類を見ないのではないでしょうか?

NEXT 吉良吉影