人工地震とは?嘘なの?その仕組みや過去に起きた日本の地震を検証

北朝鮮が起こしたとされる人工地震

Chickenonline / Pixabay

最も記憶に新しい実践国であります。2017年までで合計6回行われていますが、パワーは一番弱くマグニチュード4程度です。日本とは隣の国ですので、何か動きがあると度々報道を賑わせています。

地震兵器といわれているものとは

WikiImages / Pixabay

私たちが知らない裏世界では、意図的に大きな災害をもたらそうという悍ましい計画が練られているかもしれないのです。そこに使われているものは目にも見えないエネルギーでした。真相に迫ります。

気象・地震兵器といわれるHAARPとは

thommas68 / Pixabay

ハープと呼びますが、公に出てこない単語であり一体何をするものなのか謎に包まれています。私たちの目には見えない高周波を使い、自然を操ることができる凄い威力を持った秘密兵器なのです。

これを用いることで、天候や災害を操作することが可能だとも囁かれています。

活断層を核爆弾で爆破

WikiImages / Pixabay

地震が起こりそうな地層を定めて、地中の動きと同じリズムの周波を送ることで大きな揺れを発生させることができると言われているのです。

このメカニズムに着目して核を使い、大きな動きを出そうと試みているのではないかとされています。

プラズマ兵器の仕様

Hans / Pixabay

核実験の次世代を担うと囁かれています。突如起こった災害のように見せかけて実験が試されているという憶測が流れているほどであります。

目には見えない地中で密かな計画が立てられているとしたならば、瞬時に莫大なパワーを拡散することができるとも言われています。

地球深部探査船「ちきゅう」が人工地震を起こしているという説も

SCY / Pixabay

本国とアメリカがタッグを組んでプロジェクトが進んでいるという諸説も出ています。一体どんなことが私たちの知らないところで、進められているのか真相に迫ってみましょう。

「ちきゅう」の役割とは

WikimediaImages / Pixabay

深海を探るために造られた船であり、本国の最新の科学を支えている重要な存在と言っても過言はないでしょう。

海の底に穴を掘り、地震の起こるからくりを研究することや壮大なパワーを新しいエネルギーとして使えないか調査を目的としています。

南海トラフ地震発生帯掘削計画とは

Buddy_Nath / Pixabay

マグニチュード8の驚異の威力を溜め込んでいると言われる地層を探って、大きな被害を起こしそうな断層から、地震になり得るであろうと言われる部分を断絶します。

災害が大きくなることを防げないかと最新科学を用いた新しい挑戦を行おうとプログラミングされています。

NEXT 「ちきゅう」が起こしたと言われる根拠は?