島根の廃墟「かもめ荘」とは?宜保愛子も除霊できなかった最強心霊スポット

「かもめ荘」での心霊体験②

出典:PhotoAC

かもめ荘は屋上もあるため施設内が非常に広いですが、その中でも最も危険と言われているのが地下室です。地下室には有名な開かずの扉がありますが、実際に地下へ訪れた方の中には、開かずの扉に関係する恐怖体験をした方も。では一体どんな体験をしたのか、詳しく解説致します。

「開かずの扉」が開いていた

出典:PhotoAC

地下室にある開かずの扉は普段閉まっており、名前の通り扉が開く事はないため、開かずの扉と言う名前で呼ばれています。扉の奥に何があるのかは分かっていませんが、地下室へ訪れた際、開かずの扉が開いているのを目撃したと言う声も。

また開かずの扉の奥には部屋があり、実際に部屋に入ってしまった場合は、肺炎や高熱に襲われると言われています。そのため、万が一開かずの扉が開いているのを目撃しても、絶対に入らず速やかに戻るようにして下さい。その他、こちらの記事でも心霊体験についてまとめています。

宜保愛子氏と「かもめ荘」の因果関係

出典:PhotoAC

かもめ荘が沢山の人に知れ渡るようになったのには、宜保愛子氏が大きく関係しています。そこでここからは、霊能者として一世を風靡した宜保愛子氏と、かもめ荘との因果関係についてご紹介します。

宜保愛子という人物

宜保愛子氏は1980年代から1990年代に活躍していた、心霊番組への出演で一躍有名になった方です。当時は「あなたの知らない世界」などに出演していた他、講演会も行う程、非常に注目されていました。

また宜保愛子氏は守護霊や霊供養に関する著書も書いており、心霊番組以外での活躍も目立ちました。現在でも宜保愛子氏の影響力は大きく、生前に除霊で訪れたかもめ荘へは、未だに沢山の方が訪れています。

死去する一カ月前に「かもめ荘」を訪れた

出典:PhotoAC

宜保愛子氏は2003年に死去していますが、実は死去する一か月前に、かもめ荘へ実際に訪れています。宜保愛子氏は除霊を目的として訪問しましたが、あまりにも霊が多いため、除霊する事ができずそのまま帰った話はとても有名です。

死因は「呪い」ではない?

出典:PhotoAC

元々かもめ荘の呪いが宜保愛子氏の死因であるという話は、オカルト好きが流した根拠の無い噂です。死去する一ヶ月前にかもめ荘を訪問しているのは事実ですが、死因は胃がんなので、亡くなった時期と訪問した時期が近いのは、只の偶然と言えるでしょう。

その他、宜保愛子氏の情報を知りたいならこちらの関連記事がおすすめです。実際の霊能力についての情報や、有名になるきっかけについても触れているので、もっと詳しく知りたいと言う方はぜひご覧下さい。

「かもめ荘」の内部はどうなってる?

出典:PhotoAC

いろいろな噂があるかもめ荘ですが、気になるのが外観や内部の構造についてです。ここからは、かもめ荘はどんな内部構造をしているのか、エリア毎に分け、詳しく解説致します。かもめ荘に行った事がないけど内部について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

荒廃した外観

かもめ荘へ訪問した際にまず目に入るのが、荒廃した外観です。現在廃墟となっている建物は、長い間手入れされていない為木が生い茂り、特に暗い時間帯になると、一層不気味な雰囲気が漂います。

NEXT 破壊の著しい一階部