乳袋はどんな表現方法?現実には存在するの?人気の秘密を解説!

漫画などで使われる胸の大きさや形を強調して表現する方法の「乳袋」。この記事では、乳袋がどのような表現方法なのか、そして現実的にありえるのかについて詳しく解説していきます。登場する作品や人気の秘密、批判意見についても紹介していきます。

この記事をかいた人

読書とゲームを糧に生きる趣味人です。

乳袋とは?

出典:PhotoAC

男性ならば女性の容姿を見るときに視線が胸に行ってしまうこともあるでしょう。特に、可愛い女の子のイラスト等だと顕著ですね。ある時を境に、その所謂「萌えイラスト」の胸の表現方法としてそう呼ばれるようになったものが「乳袋」です。

皆さんも漫画を見た時に「胸の服部分が不自然な形してるけどなんて呼べばいいのかわからない」なんて経験があるのではないでしょうか。そんなモヤモヤした疑問への回答を今回の説明で明らかにしていきましょう。

漫画でよく見られる胸の表現方法

出典:PhotoAC

繰り返しになりますが、乳袋が主に見られるのは漫画やイラストです。良く胸の大きな女性キャラクターを描く際に使われる技法ですね。まるで乳房の部分を袋に入れているかのような表現から「乳袋」という名称が付きました。

ちなみに読み方は「ちちぶくろ」と読みます。「にゅうたい」や「ちぶくろ」ではありません。「ちぶくろ」という単語は存在していますが、これは三味線の一部を指す言葉で、本項で解説している「ちちぶくろ」とは何の関係もありません。

漫画的なデフォルメ表現

出典:PhotoAC

この表現はあくまで漫画やイラストの、所謂「二次元」特有の表現です。後述しますが、胸の大きな女性を描こうとするとどうしても不都合になってしまう部分が出てくるので、このようなデフォルメとしての表現が生み出された、というところですね。

この様な二次元界隈から生まれ、一般にまで浸透した用語は多数存在します。用語つながりでこちらの記事も合わせて紹介させていただきます。

現実に乳袋は存在するのか?

出典:PhotoAC

ここまで「乳袋」を二次元にしか実在しないかのように取り扱ってきましたが、じゃあ現実には存在していないのか、と問われると否、と答えます。ちゃんと現実にも存在している「乳袋」があるのでそれを少し見ていきましょう。

例としてコスプレイヤーの方は、乳袋のあるキャラクターのコスプレをする時に、その乳袋までも再現しようと様々な努力を重ねてきた方もいます。方向性はともかくとして、趣味にかける人の情熱は凄まじいものがある、ということです。

一部の服には乳袋のような形状がある

出典:PhotoAC

もちろんコスプレイヤーの方だけではありません。現実にいる胸の大きな女性の中には、着ることのできる服が少なくて悩まれている方も多いです。そんな人の対策用として胸の下で服を縛るような構造になっている服も存在します。現実の乳袋というわけですね。

実際に胸の大きな人のための服を制作しているアパレルメーカーも存在しています。こちらはコスプレイヤーの人のため、という訳ではなく一般向けの服を制作しています。後述で詳しく解説いたします。

手作りで作成する人も

出典:PhotoAC

しかし、市販の服に気に入った服がない、という方やコスプレイヤーの方の中には乳袋のある服を自作する方もいらっしゃるようです。ニットのように伸縮して肌にぴったりするタイプの生地で制作するのが一般的です。

女性ならおしゃれに気を遣うのは常識ですよね。乳袋もいいですが、様々なファッションで自分を綺麗に魅せていきましょう。女性向けのアウトドアファッションの記事になります。

乳袋のイラストが人気の理由とは?

出典:PhotoAC

二次元界隈ではもはや描かれるのが普通となりつつある乳袋ですが、どうしてここまで人気となったのでしょうか。男性オタク達を惹きつけてやまない乳袋の魅力がどこにあるのか、この項目で解説します。

胸の大きさとウエストの細さをアピールできる

NEXT 胸の大きさとウエストの細さをアピールできる