オレゴンの渦での超自然現象とは?その真相やトリックをネタバレ

オレゴンの渦を知っていますか?そこは、先住民から禁断の土地と恐れられ、今でも常識を覆す超自然現象が起こる不思議な場所です。そんなオレゴンの渦について、そこで起こる現象や、その真相、日本でも体験できる場所など徹底解説します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

オレゴンの渦とは?

我々の常識でははかり知ることのできない現象が存在するというオレゴンの渦。聴いたことのある人もどういいた土地なのかまだまだ情報のない人も多いでしょう。そこでまずは、この土地がどういった場所なのかを突き止めていきます。

オレゴンにある超自然現象が起こる所

一体どこに存在するのか聴いたこともない人もいるでしょう。基本情報から押さえていきます。この場所はアメリカ合衆国のオレゴン州ゴールドヒルに位置しています。現地の言葉ではオレゴンヴォーテックスと呼ばれる名前で、娯楽施設になります。

しかしこの場所では様々な超自然現象が起こると謳われる土地で、ネイティブアメリカン達からは動物たちすらも近づかない土地だとされているのです。迷い込んだら二度と出ることは不可能といわれる冨士樹海のような存在に似ているといわれ、呪われた禁断の地と称されています。

元は金の調査をする施設だった

そんな危険な呼び名のある娯楽施設であるこの土地は、もともとは金の調査をする施設だったことが分かっています。かつて1890年に金の含有量を調べるために色々な建物が研究用に建てられ、今でも残っていることで有名です。

そして、これらの施設がどうやら超常現象の一端を担っているとの説があります。ここ手は超常現象と称した人気の傾いた家があります。それはまるで地面に吸い込まれるように端が地面に埋まっているのですが、超常現象説と錯視説の二つがあります。

どうやら、この家こそが金の含有量を調査する上で、あらかじめこのような立て方をされたという情報があるようで、あまりに不思議な建物なので話題を呼んだといわれてます。

様々な超自然現象が起こる所

奇妙な出で立ちの家は、諸説ありながらもかつて金の含有量調査のための施設だったことが分かります。しかし、それ以外の部分ではまだまだ不思議な現象が起きている場所でもあります。

それらの現象は、科学的な根拠を示せないものあり一部トリックではといわれながらも、不思議な現象だと認めざるを得ないものもあるようです。例えば家の中ではコンパスがぐるぐると周り異常な磁場が発生しているといわれています。

また、タバコの煙などがなぜか螺旋を描くように漂い上昇する現象も確認されていますし、体調不良を訴える人もいるようで頭痛や吐き気をもよおす人もいるようなのです。

不思議な超自然現象や人体への影響は、まさしくこの土地が先住民から禁断の土地だといわれているのを証明するかのような物で、本当にこれらの現象がここで起きているのか、かがくてきな証明は可能かどうかが論じられるほどです。

オレゴンの渦ではなぜ超自然現象が起こるのか?

我々の知らないとんでもない現象が起きている土地だということはわかりましたが、しかしなぜこの土地でそんなことが起こるのでしょうか。これには先住民の話なども紐解いていく必要があります。

オレゴンの渦は禁断の大地と呼ばれていた

先述したように過去、先住民からは禁断の大地と称され危険視された土地。それは当時から自然現象があったのか、磁場を感じ取ったのかは不明ですが、動物たちも近寄らない土地であったためと考えられているようです。

開拓が進み始めて、初めて人間も出入りするようになりましたが、その後も不可解な現象は度々起き、さまざまな現象にさいなまれる人は数多くいたようなのです。

オレゴンの渦にある奇妙な力の渦

NEXT オレゴンの渦にある奇妙な力の渦