ロンゴミニアドとはアーサー王伝説の聖槍のこと!ロンギヌスの槍との違いは?

ロンゴミニアドはアーサー王伝説に登場する聖槍です。ロンギヌスの槍と名前が似ていますが、違う武器だという説が有力です。ロンゴミニアドはゲームやアニメのキャラが強い武器として持っていることが多く、最近ではFateの女神ロンゴミニアドが有名です。

この記事をかいた人

大学、大学院を獣医学部にて過ごし、養った知識と共に、興味あふれる内容をお届けします。

ロンゴミニアドとは?

アーサー王伝説という物語に登場する名槍で、1振りで500人を切り払えるとされたとても強い武器の名称です。ロンギヌスの槍と似ていますが、違う武器を指している説が現在有力とされています。ロンの槍という別名では聞いたことがある方が多いかもしれません。

ロンゴミニアドの登場するアーサー王伝説とは?

ArtCoreStudios / Pixabay

物語中に登場する頻度の少なさにより知らない人が多い武器です。物語の中では中盤辺りの父兄と終盤の最終決戦のみにしか登場しないのです。最後の戦いの中でエクスカリバーの鞘を奪われてしまったアーサー王の主戦力武器としてこの槍を使用していたとされています。

アーサー王伝説におけるロンゴミニアド

DGlodowska / Pixabay

最後の戦いで使用され、1振りで500人もの敵兵を薙ぎ払えるほど強力な武器であるため、物語を知っている人々からはエクスカリバーに並ぶ有名で人気な武器となっています。登場する戦いにおいても臨場感あふれた描写がされているのも武器をカッコよく彩っています。

ロンゴミニアドの登場はアーサー王伝説の中盤

moisemarian / Pixabay

物語の中盤で初めて登場したのが、父兄との闘いであるヴォーディガーンの討伐です。主力武器であるエクスカリバーやガラティーンが通用せず、最後の切り札的な存在としてこの槍を使用し、やっとのことで父兄を倒すことができたのです。

ロンゴミニアドの別名はロンの槍

Free-Photos / Pixabay

語り継がれる物語の中ではもう1つの名が登場しています。物語自体まだまだ多くの事柄が議論を続けられている中、この2つの呼び名が同じ武器を指している事は確かとされています。しかし、何故別名がついているのかに関しては議論がされていない点なのです。

ロンゴミニアドはロンギヌスの槍と同一視されるケースも

Momentmal / Pixabay

名前的にも似ており、同じ槍という形状の武器のため、同じものを指しているという声が挙げられています。しかしながら時系列を辿ると、同じものである可能性は低いというのが現在における有力説とされ、一部の方の中で同一だと伝えられているのです。

ロンゴミニアドとロンギヌスの槍の違い

WikiImages / Pixabay

前述させていただきましたが、この2つは混同されがちですが、登場した物語が全く違います。後者ではローマ兵がイエス・キリストが絶命したか確かめるためにわき腹を刺したとされている槍であり、キリスト教の遺物とされています。

イエス・キリストの処刑に関しては歴史の中でも有名なお話ですが、現在でも南アフリカでは残虐なリンチ処刑が実際に行われています。こちらの記事では近年も続いている処刑に関してご紹介させていただいております。

聖杯と共にガラハットと昇天した説

NEXT 聖杯と共にガラハットと昇天した説