【筧千佐子】リアル後妻業の男を虜にしたテクニックと生い立ちから現在!

後妻業は結婚詐欺より優しい?

xusenru / Pixabay

目的は相手の資金を自分の物にしようという企みの元、近づいていくため同じであります。男女とお金はいつの時代も紙一重に罪な話となっていく材料といえるのではないでしょうか。

両者の違いとは一体どんなことでしょうか?

結婚詐欺は幸せな時間が短い

GabrielFerraz / Pixabay

結婚したいという意思を示しながら、その間にお金を奪い相手に絞り取る金銭がなくなったと感じたらその場を去っていくものです。

恋人同士の期間に、いかに親密な関係を築き相手が握っている財産を聞くことがポイントなのです。後妻業との違いは、幸せと感じるスパンの短さではないでしょうか。

panajiotis / Pixabay

筧千佐子のように相手に尽くし、何を今望んでいて喜ぶかといった相手に寄り添った行動はしないでしょう。言葉巧みに困ったことを告げてお金を出させるといった母性本能をくすぐる心理を利用します。

後妻業は世話好きが向いている?

StarFlames / Pixabay

結婚詐欺とは違って、身のまわりの世話から心のケアまで嫌な顔一つせずに従事していきます。孤独だった男性は、そんな姿に心惹かれていくことでしょう。

お金のためだと思っていても、人に何かをしてあげたいという奉仕の心がなければ難しいでしょう。頭の回転が良いため、相手の思考を瞬時に考えて行動に移せるのでしょう。

Comfreak / Pixabay

ただ騙していて悪いなと思わない冷酷な心がなければ勤まる業ではないのではないでしょうか。

筧千佐子のような後妻業は今後も増えていく?

zephylwer0 / Pixabay

彼女が報道されたことで、多くの作品が生まれ女性たちから注目を浴びるようになりました。女性の社会進出が活発となり、起業女子と呼ばれる自立して過ごしている数も増えているといいます。

一方で結婚する人や子供を産む人が年々減っており、女性は家庭を持つことよりも稼いでいく方に意識を強めていっている背景が浮き彫りとなっています。

歳を重ねていくうちに不安になる

xusenru / Pixabay

若さ溢れるときは、エネルギッシュなため将来の不安も感じないことでしょう。自分が動けば大丈夫と前向きになれるのです。

ですが、年齢を重ねていくうち、周りは結婚をして子供も育てながら生活している姿を目の当たりとすると漠然とした自分の未来の不安が襲ってくるでしょう。

高齢者社会とマッチする?

sweetlouise / Pixabay

そんな不安な思いから、現在知れ渡るようになった後妻業がマッチしてしまうのではないでしょうか。寂しく過ごす資産家は多く存在していることでしょう。

気薄な人間関係の現代と女性の自立、高齢者の増加といったさまざまな要因が重なり、今後も増えていくのではないでしょうか。

Averyanovphoto / Pixabay

現にパパ活といった若い女性の中で、お金を持った男性と肉体関係を契約としてお金を得る方法が浸透してきています。ネット内ではパパ活を熱望する女性たちが集うアカウントが存在したりと、密かに拡がりつつあるのです。

またオレオレ詐欺も孤独で資産を持った高齢者を狙った悪徳ビジネスの代表格です。気薄な家族関係はさまざまなトラブルを起こし、老年期である層を差し響いていくのです。

筧千佐子は死刑判決を受けたリアル後妻業の女

darksouls1 / Pixabay

彼女が犯した罪は決して許されるものではありません。寂しい心に、上手に具合に入りこんだ彼女の才能が、介護職のように違った分野で生かされれば、笑顔に満ちた孤独な男性が増えたのではないでしょうか。

巨額の資産を手にしても彼女の心は満たされるなかったのでしょうか?一人の男性に留まることなく次々と狙いを定め、乗り移っていく背景は、彼女自身も誰かに愛されたいという気持ちがあったのではないでしょうか。

peter_pyw / Pixabay

銀行員としてお金を管理していた彼女が、お金に苦労をし男性を頼っていく半生は何とも言い難いものであります。お金というものは便利でありますが人の感情までも動かしてしまう恐ろしい道具であることがうかがえた事件でもありました。

今、彼女は冷たい塀の中で何を思い死までの日々を過ごしているでしょう?家族もお金も女も失った代償は計り知れないものです。彼女のようなリアル版がさらに出ないことを祈るばかりです。

NEXT 名張毒ぶどう酒事件に関する記事はこちら