痛みランキングTOP12!出産・痛風・群発頭痛など何が一番痛い?

痛みランキング1位:フッ酸を歯に・・・

Pezibear / Pixabay

歯の神経の痛感は人間の様々な部位の痛覚の中で2番目に強いのですが、その歯にフッ酸を塗ると末期症状の虫歯の痛みを味わい、フッ酸が浸透するので頭蓋骨やあごの中を通る神経の痛感が最大の痛感を発信するのです。その強力さから拷問でも使用されることがあるそうです。

医療ミスが引き起こした想像を絶する痛み

marionbrun / Pixabay

1982年八王子の歯科医師がフッ酸を、素塗布液のフッ化ナトリウムと誤って塗布し、患者の女の子を死亡させたという痛ましい事故がありました。塗布されてすぐ女の子は痛みのあまり暴れ出しましたが、間違いに気づかない歯科医と付添いの母は彼女を押さえつけ、更にフッ酸を塗布したため、大人二人の力を振り払い2mも飛んだという話です。

番外編 失恋の痛み(物理)

pinterastudio / Pixabay

「失恋して胸が痛い」というのは比喩ではなく、本当に胸にダメージを与えていたのです。恋の相手を探しているときは、狩りの時に分泌されるステロイドホルモンが大量に分泌されます。このホルモンが分泌され続けると心拍数の増加、血圧上昇を誘発し心臓に負担がかかります。

この負担=痛みですが、恋をしているときは興奮状態のため、痛みに対して鈍感になるので痛みを感じませんし、恋が実ればステロイドも出なくなります。しかし失恋した場合、ステロイドは出続けているのに、恋の興奮状態が収まっているので、心臓の負担だけが残り痛みを感じるのだそうです。

痛い思いをしたくない!痛みは必要なの?

ijmaki / Pixabay

ここまで読まれて、私たちがいかに痛みと隣り合わせで生きているか改めて実感すると供に、私たちを苦しめる痛みに対して怒りさえ湧くかもしれません。しかし予想は着くと思いますが、痛みは私たちが生き残る為に必要です。動物に噛まれて痛いから逃げるし、体のどこかが痛いから検査に行きますよね?

このように突発的な痛みは必要なことはわかりやすいですが、慢性的な痛みはなぜ必要なのでしょう。突発的な痛みほど明確な理由は判明していませんが、痛みの研究をしている吉村恵教授によると慢性的な痛みがあるから、人間は無理ができないので回復が早いとのことです。これを知っているだけでも、気が楽になりますよね。

痛みをごまかす方法もご紹介!

Lazare / Pixabay

それではどれだけ私たちを脅かす痛みがあるか知った所で、もし痛みを感じる事があった時の為に、痛みをごまかす方法をご紹介しましょう。どれも簡単に試せるものなので、痛みを感じた時はこの記事を思い出して試してみてくださいね。

カフェインを摂る

Christoph / Pixabay

運動前にカフェインを摂取することで、筋肉痛を防げるということが研究により明らかになっています。またカフェインはデスクワークによる手首、腕、肩、首などの痛みにも効果があります。さらに吐き気を伴う偏頭痛を除いて、カフェインを含む緑茶やコーヒーを飲むと症状が緩和されるともいわれているのです。

痛い部分を見る

Skitterphoto / Pixabay

驚くべきことに患部を見ることによって、痛みを減らすことができることが実験から判明しました。子どもの頃の健康診断で、自分が注射をされている最中に、注射されている部分を凝視している子を見たことはありませんか。それは痛い所をみることで、痛みを減らせるということを本能的に知っていたのかもしれませんね。

逆に笑う

thisismyurl / Pixabay

笑うことで痛みの耐性が高くなることが研究で分っています。被験者にお笑い番組を含む色んなジャンルの映像を見てもらった結果、お笑い番組で思いっきり笑った被験者の方が、そうでない被験者よりも耐えられる痛みの限界値が高いことが判明しました。痛みへの耐性だけでなく、笑うことが免疫力を高め、病気の回復に役立つことは有名な話ですね。

NEXT 痛みが自分のためになると思い込む