蟲毒とは虫を使った呪いの儀式!やり方や効果、実際にあった怖い話も

蟲毒とは一つの容器に虫を集め、殺し合わせる儀式のことです。生き残った虫は人を呪い、殺すことに使われました。これは歴史的に実在した儀式であり、中国では蟲毒を行うだけで刑罰の対象となったほど危険な呪術でした。この記事では、蠱毒の種類や効果、作り方に至るまでをまとめました。

この記事をかいた人

自由気ままな子なし主婦。興味があること、みんなに知ってもらいたいことを書いていきます。

蠱毒とは虫を使った呪いの儀式!

roumyu / Pixabay

この不気味なあまり使われていない字面皆さんは見たこと、聞いたことはございますか?最も有名な呪いといえば丑の刻参りですが、こちらの蠱毒も歴史ある呪術となっております。今回は蠱毒が何なのかどのような意味なのか分かりやすく解説いたします。

蠱毒とは?

kerttu / Pixabay

字面だけでおどろおどろしい嫌な雰囲気が出ている言葉ですが、蟲は地面どうり虫を毒は毒物を表していて合わせて蠱毒「こどく」という言葉になります。蠱毒とは呪いそのものを指す場合もありますが、儀式の後に残った虫を示していることもあります。

トップクラスの効力・蠱毒

kerttu / Pixabay

蠱毒とは一箇所に100種類もの生きている生物を集め最後の一匹になるまで共食いまたは殺し合いをさせることです。漫画などの影響で儀式のことをご存知の方は多くいらっしゃると思いますが、呪術に使われるというのはあまり知られていないでしょう。こちらは実は呪いの王道・丑の刻参りの効果に勝る最強の呪いと云われています。

なお、蠱毒=虫に限ったものと思われがちですが、虫に限ったことではなく様々なものを使って呪術に利用するために殺し合いをさせることがあります。蛇や犬を使うこともあれば時にはなんと人間を使ったことがあるという非人道的な逸話まであります。

蠱毒の使い方と効果

Lichtpuenktchen / Pixabay

蠱毒とは呪いの儀式ですが、それを終えると最も強い一匹の蟲が生き残ることとなります。それを呪いに実際に活用するわけですがどのように使うのでしょうか。この禍々しい呪いのやり方と使い方、実際の効果など気になる蠱毒の情報をご紹介します。

蟲毒で作った虫やその毒を飲ませて対象を呪い殺す

stux / Pixabay

100種類の生き物の壮絶な殺し合いを制した虫は強力な毒を持っている場合が多いです。なので、その虫を小さく切り刻みばれないようにして呪いたい相手の食べ物や飲み物に混ぜて使います。こちらは中国式の呪いの方法で日本だとまた違ってきますがそれは後ほど説明します。

こんな回りくどい毒を混ぜる方法使うくらいなら最初から毒を混ぜて確実に殺した方がいいのではと思ってしまうかもしれませんが手間隙をかけることに意味があります。強く呪いたい、苦しみながら絶命して欲しいという並並ならぬ覚悟の表れがこの呪いです。

蟲毒を使って自らが富を得る場合もある

geralt / Pixabay

蠱毒が体内に入ると死んでしまうと云われていますが、なんと蠱毒を呪いでなくお金のために行う人もいたようです。これは願掛けのようなもので商売を成功させるため、何が何でもお金が欲しいなど悲願達成のためなら死んでもいいと思う場合、蠱毒を自ら使いました。そこまでの覚悟があるのならそんなことせずとも上手くいくとは思いますが人の信仰とは深いモノなのです。

蠱毒のやり方!虫などを集めて殺し合わせる【閲覧注意】

どんな物かを説明するにあたって蠱毒の簡単なやり方は説明しましたがここではより詳細に蠱毒の作成方法を紹介していきます。なお、虫やグロテスクな表現が多々出てくるのでこれらが苦手な方はこちらを飛ばしてお読みください。

蟲毒に必要なものは大量の蛇・ムカデ・ゲジ・カエルなど

NEXT 蟲毒に必要なものは大量の蛇・ムカデ・ゲジ・カエルなど