木嶋佳苗死刑囚の生い立ちや現在まとめ!獄中婚やモテテクも紹介!

文字が綺麗で誠実そうに見える

デジタル化で文字を書くことも見ることも格段と減ってしまった現代でありますが、字は心を表すというように彼女の書いた文字を見ると、美しいため心も綺麗な人なんだろうなと誰もが想像できるほどです。

達筆で素晴らしい武器を備えていました。これも厳しい母の躾から得たものなのでしょう。

料理上手でブログ「かなえキッチン」運営していた

お嫁さんにしたい人に求める条件で必ず挙がるほど、料理上手は鉄板です。彼女はこれも物にしています。ブログでプロ並みのメニューをアップしていました。

また恋人に貢いでもらったお金で高級住宅街に位置するフランス料理教室を卒業し、腕をさらに磨いていきました。食事を実際に食べた男性によると、今でもサクサクの唐揚げを思い出すほど特別な味がしたようです。

pasja1000 / Pixabay

別れた今も、忘れられない味として残っているほどといわれ、胃袋を掴むとは、まさにこのことなのではないでしょうか。努力を惜しまず男性に提供する女子力には脱帽です。

立ち振る舞いがきれいで上品に見える

PhotoMIX-Company / Pixabay

実際に会った人物からは、仕草が上品で美しいと証言されています。育ちが良いことが反映されやすい動作を徹底的に磨き上げたことで男性は、一緒にいて落ち着く存在になったのではないでしょうか。

逮捕されてもその動作は健在で、手錠を掛けられる際も優雅に手首を揃えて検察官の前に差し出すようです。罪を犯した人物には見えない異空間が漂うとされています。

おしゃべり上手で奥手な男性を落とす

StockSnap / Pixabay

手のひらで転がし自分の思うがままに操れたのには、ターゲットを吟味していたからなのです。高齢の男性であったり女性とはあまり縁がなさそうな相手を選びアプローチしています。

相手の気持ちを瞬時に汲み取り、喜びそうな言葉をチョイスするため喜ばせる天才なのです。運命という言葉を使ったり相手との距離感や雰囲気作りに長けていていました。

aliceabc0 / Pixabay

謙虚な気持ちを忘れずに、健気な女性を演じては獲物に近づき、世の男性を魅了していったのでした。

木嶋佳苗はなぜモテる?②名器を持ち性に奔放

Pexels / Pixabay

女子力が高い上に、体までも虜にして離れられなくしていたといいます。8歳で初潮を迎えてから大人のような感情を持っていた彼女は、ませた小学生だったようです。

中学生から援助交際をしていたとされ、性に奔放でした。そして何人もの男性を相手していくうち自分は特別な存在と自覚していくことになるのです。18歳から彼氏は途切れたことがなかったようです。

Free-Photos / Pixabay

一体どんなテクニシャンだったのでしょうか?惜しげもなく法廷で明かしています。

木嶋佳苗は裁判でもベッドテクニックを自慢

qimono / Pixabay

刑罰を決める厳粛な場で、驚きの発言が登場します。テクニックがあることより生まれ持った女性機能が高いと賞賛されたことや、セックスで長い間快楽をキープし、絶頂という異世界へいくことを大事にしていたと証言します。

恥じらいもなく淡々と語る彼女は、どこか誇らしく自信に溢れていました。それを綺麗な声でおっとりと話すので、官能小説を読んでいるかの空間だったようです。

木嶋佳苗は風俗店での勤務経験もある

geralt / Pixabay

上京後にデートクラブにいた経験があり、体を提供してお金を得ることには何にも抵抗なかったのです。中学生から体と引き換えにお小遣いを得ていたからでしょう。

先輩たちからテクニックを学んでお客を満足させていきます。決して演技をしたことはなく、男性が喜ぶ姿が自身の喜びと語っています。月に150万ものお金を稼いでいたという人気ぶりでした。

NEXT 木嶋佳苗のセックス観