黒木香(ワキ毛の女王)の現在は?村西とおるとの愛人騒動や自殺未遂騒動も!全裸監督も話題!

黒木香さんのようなワキ毛女子急増中

Andi_Graf / Pixabay

本来自然に生えてくるであろう毛を処理し、一切ムダ毛のないツルツルな肌をしている女性が綺麗だとされていました。

そんな中で、彼女が突如デビューをして固定概念を壊した形となっていますが、実は近年自然体を望む女性が増えてきているのです。

マドンナやレディガガも黒木香風

FlashBuddy / Pixabay

圧倒的な存在感を誇る彼女たちですが、自分の処理していないワキ毛をSNSにアップして話題となりました。

影響力は凄まじいもので、インスタグラムなどで黒木香さんの挨拶ポーズのようないで立ちでワキをあげて、毛を堂々と披露しているのです。

女性のワキ毛はあってもいいとアピール

geralt / Pixabay

現在の女性に対しての姿に対して、無理をして維持していると訴える写真でもあったのです。ムダ毛を処理するためにエステに通い時間とお金を費やします。

もっと有効な使い方があるのではないかと動き出したのが、男性は毛があっても違和感がないのに、なぜ女性はいけないのかという疑問からの働きかけでした。

MoonRid3r / Pixabay

ムダ毛がないものという考えをなくそうという働きだったのです。影響力のあるセレブたちが先を歩けば賛同する世の女性が連なるでしょう。自然体でいいという意思の表れではないでしょうか。

ワキ毛のカラーリングが流行?

padrinan / Pixabay

2015年以降、じわじわとアメリカでは拡がりをみせています。今までの女性の感覚であれば邪魔なもの、無駄なものと認識していたムダ毛でありますが新しいアイデアが登場しました。

染めて自分の好きな色にすることでファッションの一部にして楽しんでいるようです。無駄なことはせずにシンプルな生活を好む女子が増えている証といえるでしょう。

panajiotis / Pixabay

多くの女性が、好んで綺麗にしているのではなくみんなが行っているから自分もやらなくてはと感じているようです。

時間を使ってあえて処理をしなくても、そのままの姿でも十分みりょくあるんじゃないかと答えを出した一部の人がカラーをしてストレスフリーな生活を楽しんでいます。

黒木香さんは時代の最先端を見据えていた?

asmuSe / Pixabay

時代の流れとともに、ストレスフリーな生活を好む女性が増えたことで、カラーをして赤や青といった鮮やかな見せる毛として進化を遂げています。

彼女が活躍した時代はムダ毛は処理して当たり前、ツルツルの肌が女性らしいという思考が固まっていました。

Free-Photos / Pixabay

それを壊していったのが彼女であり度肝を抜かれた形でありましたが近年浸透しつつあります。もし今彼女が登場していたら何の違和感もなく打ち解けていたのかもしれません。

ワキ毛処理は100年前から始まった

AdinaVoicu / Pixabay

女性は毛がない方が素敵だという認識は、アメリカが始まりだとされています。ファッション雑誌に夏にドレスの特集が掲載されたときでした。

肌を露出するときには、無駄な毛をすっきり処理をして身だしなみを整えましょうと文字も一緒に載ったことが若い女子たちに浸透していき、女性は毛がない方が魅力的に映るという意識になっていったとされます。

shevacreations / Pixabay

日本でも大正時代から認識されていったようです。社交界で肌の露出が多いドレスを着てダンスをしたときに、ワキ下がどうしても見えるので毛を見せたら失礼だというマナーがあったようです。

富裕層の中から浸透していき、戦後にはほとんどの女性が認識していたようです。この思考がずっと続いており現在に至るのです。

NEXT 今も絶えない黒木香さんの人気!