沖縄の心霊スポット25選!行くと後悔するヤバすぎる危険なスポットまとめ

目次

沖縄のヤバすぎる心霊スポット⑮骸骨山(名護市勝山)

elianemey / Pixabay

本部(もとぶ)半島の中央部、八重岳を中心として連なる山々の中に、地元の人が骸骨山と呼ぶものがあります。その名前の由来は諸説あり、「上から見ると骸骨の形をしてるから」とか、「動物の骨や人間の骨が散乱していたから」とも言われています。

ガイコツの眠る山!行くと気絶するかも

この山には戦時中、病院や防空壕が設けられており、溢れかえった死者の遺骨が埋まっているのは事実のようです。心霊現象も度々起こるらしく、肝試しに山に入った若者が不気味なうめき声を聞いたり、気を失ったという話しもあります。また、この山で自殺者が出た際、近隣住民の家にその幽霊が現れたという出来事もありました。

沖縄のヤバすぎる心霊スポット25選⑯白梅の塔(糸満市国吉)

Couleur / Pixabay

糸満市の農地の真ん中、生い茂る緑に囲まれた場所にひっそりと佇んでいる慰霊塔です。周囲には自然にできた洞窟が点在しており、戦時中はそれらが避難壕となっていたとのこと。沖縄戦に際しては、上陸した米軍からの激しい攻撃を受け、多くの戦死者を出した場所でもあります。

ひめゆりだけじゃない!悲劇の学徒隊が眠る塔

白梅の塔は戦没した「白梅学徒隊」を偲んで建てられました。彼女らは有名な「ひめゆり学徒隊」と同じく、戦地で負傷した日本兵を看護するために動員された女学生の部隊です。

戦火に追われて現在塔の建っている国吉の壕にたどり着いた白梅学徒隊は、米軍の火炎放射器などで殺されました。夜にこの場所を訪れると、女学生の霊を見たり、戦没者の悲痛な叫び声が聞こえてくるといいます。

沖縄のヤバすぎる心霊スポット⑰瀬長島(豊見城市瀬長)

Walkerssk / Pixabay

沖縄本島南部の海岸にほど近いところにある島です。本島とは橋でつながっているため、陸路で行き来することができます。那覇空港からも近いという利便性もあって、近年リゾート化が進んでいる瀬長島ですが、島内にはいわくつきの場所がいくつもあり、度々霊が目撃される心霊スポットでもあります。

多くの白骨死体が見つかる島に現れる複数の霊

終戦後、島民が激減した瀬長島は開発が進んだ近年まで荒れ放題の状態だったらしく、数多くの人間が自殺をするためにこの島を訪れたとのことです。工事のため地面を掘ると、いたるところから白骨化した遺体が発見されたと言います。

「焦げ臭いにおいがして、そちらの方に行くと焼身自殺した女性の霊が立っていた」「海で溺れているような人影を見つけ、助けに行こうとよく見ると人の顔をしていなかった」など、霊の目撃情報も数多くある島です。

沖縄のヤバすぎる心霊スポット⑱大神島(宮古島市平良)

Pexels / Pixabay

宮古島から約4kmのところに浮かぶ、人口25人の島です。「神の島」と呼ばれる神聖な場所で、島民の居住地以外の大部分が聖域とされ、立ち入りが制限されています。島外不出の秘祭・祖神祭(ウヤガン)が行われていることでも有名です。

呪い?宝探しに行った人が全員死亡した島

大神島には、17世紀に活躍した海賊キャプテン・キッドが、財宝を隠したという伝説があります。1966年に、地元紙がこの伝説について報じると、財宝目当てに島に踏み入った部外者が続出。その全員が不審な死を遂げたとのことで、島の神の怒りを買ったのだと、噂されています。

NEXT 沖縄のヤバすぎる心霊スポット⑲タナガーグムイ(国頭郡国頭村)