両性具有とは?実在する?特徴や性生活、妊娠や出産は?有名人もご紹介!

両性具有の著名人

elix57 / Pixabay

他に著名人ではどのような方がいるのかを紹介します。公言している方としては漫画家の新井祥さんがいますが、彼は「ターナー症候群」という性分化異常疾患の一つです。染色体の核型が45,Xなのですが、外見上、生物学上の性である女性に違和感を覚えて性別適合手術を受け、現在は男性として生活しています。

両性具有には端正な顔立ちの人が多い?

1643606 / Pixabay

彼・彼女たちは男性と女性両方の特徴を持っています。ですから、男性の身体的特徴である力強さや高身長と女性の身体的特徴である柔らかさなどを兼ね備えている方も多く、モデルとして活躍している方も多くいます。

両性具有の生物もいる

Pexels / Pixabay

地球上の生物の中には種として、一匹の中にオスとメス両方の特徴をもつ生物がいます。ここではそのような生物の代表を何種類か紹介します。身近にいるあの生物もそうなんですよ。皆さん驚かれること間違いありません。

両性具有の生物①カタツムリ・ミミズ・アメフラシ

wal_172619 / Pixabay

皆さんがよく知っているカタツムリやミミズ、アメフラシはオスとメス両方の特徴を持っている生物です。正確には「雌雄同体」といい、種としてオスとメス両方の生殖器官を同時に持っていて、それぞれが正常に機能します。これらの生物は別の個体との出会いが少ないためにこのように進化したと考えられます。

両性具有の生物② 条虫・ホヤ類

人などに寄生することで有名な条虫や、東北地方で食べられているホヤなどもオスとメス両方の特徴を持っている生物の仲間です。カタツムリなどとホヤや条虫が異なる点は前者が雌雄同体でありながら別の個体と交接することで繁殖するのに対し、後者は雌雄同体であるとともに、自分のみでも繁殖するということです。

両性具有の生物③特徴を持った猫がSNSで有名に

CharlesLeslieJr / Pixabay

最近、オスとメス両方の特徴を持つ猫がSNSで話題になりました。一匹はカナダで発見され、保護した方と獣医さんが検討を重ねた結果、そのために健康に影響が出ていて、手術でオス猫にした方がよいということになり、オスにあんるための適合手術を受けました。また、イギリスでも発見されていて、こちらは適合手術でメスになりました。

Chiemsee2016 / Pixabay

これらの猫はどちらも男性器と女性器の両方を持っていました。いずれも動物病院で診察してもらって初めてわかり、飼い主さんはとても驚きましたが、獣医さんとも話し合った結果、猫の健康への影響などを考慮して適合手術を受けさせ、カナダの猫はオス猫として、イギリスの猫はメス猫として元気に過ごしています。

両性具有の類語と間違われやすい言葉

LeeLucy / Pixabay

この言葉には似た言葉、あるいはよく混同される言葉がいくつかあります。現在でもあちらこちらで混同されたまま使用されているこれらの言葉についてここではいくつか解説していきます。皆さんも混同しているものがあるかもしれません。

両性具有の類語①性的二形

Angeleses / Pixabay

性的二形とはオスとメス(男性と女性)という2つの性があることを指す言葉です。たまに混同して使われているのを見かけることがありますが、この2つは全く意味が異なる言葉であり、こちらのほうは多細胞生物であればほとんどの生物に当てはまります。

NEXT 両性具有の類語②ふたなり