ケツデカピングーの語録を話数ごとにまとめて紹介!元ネタや作者の紹介も!

ケツデカピングー語録【第4話】⑧ちょっとクオリティ…

RyanMcGuire / Pixabay

おじいさんはピングーにアコーディオンの弾き方を教え始めます。どんどんおじいさんにコツを教えてもらうピングー。そして練習しているとだんだんうまくなっていきおじいさんに『ちょっとクオリティ…』と喜ばれます。

ケツデカピングー語録【第4話】⑨恋煩いしちゃうよぉ…

drassi / Pixabay

そしてアコーディオンをマスターしたピングー。おじいさんは生きていてよかったと感動します。そしてピングーに止まっていくように勧めますが、ピングーは「今日は日帰り」と言われて思わず『恋煩いしちゃうよぉ』とおじいさんは寂しがります。

ケツデカピングー語録【第4話】⑩(腕前に)感じちゃう~

家についたピングーはパパとママそしてピンガに今日のアコーディオンの練習の成果を披露しようとしています。あまり期待していないパパとママでしたが、ピングーの腕前に「おっp…」「おっぱげた…!」と驚いてしまいます。そしてママはピングーの腕前に「感じちゃう~」と言うのでした。

ケツデカピング語録⑤第5話「ケツーデカのつららで音楽」

友人のペンギンとオットセイと陣取りゲームをして遊んでいるピングー。この3人は親友同士のはずなのですが、人取りゲームでは殺伐としたやりとりに定評のある第四話となっています。しかし、見どころはそれだけではなく、後半のMADの出来栄えが圧巻の出来です。

ケツデカピングー語録【第5話】①おちんちん…(新挨拶)

TeroVesalainen / Pixabay

親友であるペンギンとオットセイを見つけたピングー。手を振りながら『おちんちん…』とあいさつをします。なんと斬新なあいさつなのでしょうか。友人たちも「あいさつがおいしい…」と話しています。ピングーは『あ、すいませんね今週も…』と一応は謝っています。

ケツデカピングー語録【第5話】②ハゲろ…ハゲろ…(陰口)

あいさつもそこそこに遊び始めるピングー達。最初はピングーが鬼となっている様子です。友人たち2人は隠れます。友人のペンギンが「あぁ恥ずかしい」と言うとピングーは鬼をしながら『ハゲろ…ハゲろ…』と親友たちに陰口を言っています。

ケツデカピングー語録【第5話】③A・O・KI(陣取り成功)

Free-Photos / Pixabay

ピングーが「あいつらちゃんと出て行ったかな…?」と陣地を離れます。そんな鬼のピングーの隙をついて、ピングーの友達のペンギンが陣取りにやってきました。『A・O・KI』と友達のペンギンが陣取り成功し、ピングーに掛け声をかけました。

ケツデカピングー語録【第5話】④(そんな実力なら)やめてください!(辛辣)

abvrockgroup / Pixabay

陣地とりに成功した友達のペンギンが「あぁ普通に気持ちいい…」と陣地をとれた事に打ちひしがれています。そしてピングーにそんな実力なら『やめてください』と少し厳しく言い捨てます。思いのほか簡単に陣地とりができたことに対して友達のペンギンは、ピングーにもっと頑張ってほしかったのでしょうか。

ケツデカピングー語録【第5話】⑤(知能が)うんこ…うんこ…(嘲笑)

ピングーは「悔しいよ…!」と思いっきり悔しがっていましたが、もう一人のオットセイの友達を探しに行きます。氷と氷の間に隠れているオットセイを「あ”あ”」と発見します。オットセイはお尻が隠れておらずほぼ丸見え状態です。そんな姿を見たピングーは『うんこ…うんこ…』とオットセイの知能をバカにして嘲笑います。

NEXT ケツデカピングー語録【第5話】⑥ちょっとすいません(次の鬼)いいですか