【イルカの夢でさようなら】サイトの概要やネタバレ・イルカの意味にも迫る

ATOLS氏はVOCALOIDを使って楽曲を発表している

amerei / Pixabay

ボカロPと聞いてもピンと来ない人もいるでしょう。無名でも作詞作曲能力に優れている人が、ボーカロイドを使い楽曲をネット上にアップすることで、知名度がある人たちのことをボカロP(プロデューサー)と呼びます。

米津玄師さんも実はこのボカロPから活動を始めていて、ここから有名になった人も沢山います。

ATOLS氏はゲーム音楽の提供なども行っている

vinsky2002 / Pixabay

ATOLSさんもその有名ボカロPの1人です。ニコニコ動画では沢山の作品を発表しており、「VOCALOID殿堂入り」「電子ドラック」などといったタグが付けられ、今も多くの楽曲を発表しています。

自主制作だけではなく、ゲームやアニメの楽曲提供も行っています。

「イルカの夢でさようなら」はHTMLの勉強のため作成した

pixel2013 / Pixabay

ATOLSさんによると、当時HTMLにハマっていた作者が練習のために作ったと言われています。しかし、この情報は確実ではなく、本当は違う人が作った説や、ATOLSは個人ではなく団体の名前なのではないか?とも言われています。

謎に包まれた人物、あるいは団体であることは間違いないようですが、作成者はATOLS関係者といってよいでしょう。

イルカの夢でさようならには続きがある?

ElisaRiva / Pixabay

この怖くも不思議なサイトですが、続きがあるという情報があります。とはいっても新しいサイトがあるということではありません。CDで「2」として続きがあるのです。

他の怖いサイトについてはこちらの記事も参考にしてください。

「イルカの夢でさようなら2」というCDが販売されている

Bru-nO / Pixabay

「イルカの夢で さようなら」こちらは1もCD販売していました。37曲も入っているものです。1、2に関してはこのCDは「販売されていた」と残念ながら過去形になってしまいます。

ジャケットはあのサイトの女の子の怖い表情となっており、特典として缶バッジも付いていました。

「イルカの夢でさようなら2」中身はVOCALOIDの音楽CD

geralt / Pixabay

42曲もの大ボリュームな2のCDは「死人」というごろ合わせという意味もあります。中身はボーカロイドが歌うCDです。サイトの続きがあるのではなく、タイトルが同じなCDとなっています。

1,2共に1000円という良心的な価格だったのですが、販売が終わってしまったのは非常に残念です。

多くのYouTuberが「イルカの夢でさようなら」を検索している

mohamed_hassan / Pixabay

このサイトはユーチューバ―の恰好のネタとなっています。ホラー系や、ホラー系のゲームの実況動画は反応が面白いこともあり、よく取り上げられていますよね。

ここでは、ユーチューバ―さんが実際にサイトを観ての反応を紹介していきます。

フィッシャーズが「イルカの夢でさようなら」を検索

フィッシャーズは2015年にこのサイトを観てみた!という動画をアップしたとツイッターで報告しています。しかし、現在はその反応動画は消されてしまい見れなくなっています。

当時のツイッターのコメントを見ると「爆笑してしまいました」「なんでそんなにホラーが好きなんだ」「まってました」と反応があるので、間違いなく1度アップはされたようです。

NEXT ウマヅラビデオが「イルカの夢でさようなら」を検索