麻薬「フラッカ」で全米ゾンビ化!日本にも流入?危険ドラッグの恐怖

フラッカのトリップ①街路樹とセックス

Peggychoucair / Pixabay

これはフラッカを使用した人が実際に行っていたと報告されたおかしな行動です。フラッカ使用によって通常の精神状態をなくしおかしくなった使用人が、町中にある街路樹とセックスするといった異常な行動をとり話題となりました。一般の人には考えらない行動です。

フラッカのトリップ②窓から飛び降りる

Free-Photos / Pixabay

また別のフラッカ使用者は、副作用の幻覚や激しい妄想によって自分が誰かに襲われてしまうのではないかといった不安に駆られ、逃げ惑う際に自ら窓の外へ身を投げて飛び降りるという異常行動を起こす人も現れました。

フラッカのトリップ③自分の体を切り刻む

qimono / Pixabay

報告されているケースには、他人を傷付けるだけでなく自分の体を自ら痛めつける人もいました。ある使用者はフラッカを使用後、極度の興奮状態に陥り自分の体を自ら切り刻み始めました。痛みを感じないのか止めてもなかなか自傷行為をやめませんでした。

本当にゾンビ化!?フラッカで不死身に?

simonwijers / Pixabay

フラッカは人の痛覚にも影響を与えるのでしょうか?現在では、使用者にスタンガンを使っても利かないことも分かっています。それどころか車にはねられても轢かれても何事もなかったように立ち上がるうえ、銃で撃たれても起き上がる人もいます。致命傷でなければ深い傷を負わせたところで彼らの暴力行為は止まることはありません…

フラッカはスタンガンが効かない

sethink / Pixabay

これまでの研究によると、フラッカを使用した人にスタンガンを使っても全くきかないということが分かっています。普通の人であればすぐに失神してしまう電圧を浴びても、感覚が麻痺しているからか使用者は顔色一つ変えなかったと報告されたいます。

フラッカで車に轢かれても立ち上がる

Free-Photos / Pixabay

フラッカを使用した人の異常行動をおさめた数ある動画の中には、常用車にひかれて一度倒れたにもかかわらずその後すぐに、何事もなかったように立ち上がりそのまま歩き出す人の姿もおさめられていました。

銃で撃たれても起き上がる

jingoba / Pixabay

さらに驚くことにフラッカの使用者を銃で撃っても全く利かないという人も現れました。先ほど紹介したゾンビ事件の加害者もそうでしたが、暴れた使用者に警察が銃を使ってもきかないので意味がないのです。

フラッカが流行した理由

qimono / Pixabay

フラッカはもともと医療目的で使用するために作られた合成麻薬です。主成分は「α-PVP」というもので、とても簡単に作れるのが特徴です。これは日本でも社会問題となっている脱法ハーブなどに主に使われています。

フラッカが流行した大きな理由としては、何といってもその破格の値段と短時間で絶大な効き目がえられることです。ほかの麻薬に比べてフラッカは圧倒的な効き目で「デスドラッグ」と呼ばれることもあります。

NEXT フラッカ「研究用化学物質」として流通