ウィジャボードとこっくりさんの違いは?やり方や危険性・動く理由を解明

ウィジャボードが登場する映画作品について紹介!

geralt / Pixabay

先にも少し触れましたが、ヴィジャボードは海外では非常に知名度の高いオカルトグッズです。そのため創作作品においても、重要なアイテムとして登場することが多々あります。

次からは、そんなヴィジャボードが登場する映画作品をピックアップしてみました。中には大ヒットを記録した有名タイトルもありますよ。

ウィジャボードが登場する映画①『呪い襲い殺す』


Amazonで見る

2014年にアメリカで公開されたホラー映画です。子供の頃、ボードで降霊遊びをしていた主人公たちが、大人になって再度降霊を行おうとすると次々と奇妙な現象が起き始めます。恐怖を感じボードを燃やしてしまったはずが、部屋に戻ると処分したはずのボードが戻ってきており…。

原題はそのまま『Ouija』になっています。

ウィジャボードが登場する映画②『エクリプス』


Amazonで見る

主人公の少女・ベロニカは父親を早くに亡くし、母親も仕事で忙しく、寂しい気持ちを抱えて日々を過ごしていました。

どうしても亡き父と話したかった彼女は、ボードを使って父の霊を呼び出そうとしますが、意図せず呼び出してしまったのが…。親を恋しがる少女が理不尽な恐怖と悲劇に巻き込まれる物語です。

ウィジャボードが登場する映画③『パラノーマル・アクティビティ』


Amazonで見る

大ヒットホラー映画・パラノーマルシリーズには、第一作目から必ずといっていいほどヴィジャボードが登場します。

パラノーマル・アクティビティではボードを通して悪魔のような邪悪な存在と接触しており、その際ポルターガイストや発火現象が起きています。

ウィジャボードが登場する映画④『エクソシスト』


Amazonで見る

ホラー映画界の超王道にして名シリーズであるエクソシストにも、実はヴィジャボードが登場しています。

悪魔に憑りつかれてしまう少女・リーガンは、降霊術で呼び出した存在に「キャプテン・ハーディ」と名付けていましたが、実は彼女の父親の名前が由来になっているという設定があります。

ウィジャボードの進化系?「チャーリーゲーム」とは

世界にはこの他にも、誰でもゲーム感覚で霊魂と交信できる方法があります。近年、動画サイトを通して世界中で大流行になったのが、チャーリーゲームと呼ばれる新たなる降霊術です。

「チャーリー」は外国では非常によくある名前のため、個人名ではなく不特定の誰かを示す際に使用されますが、古代アステカの神を指すという説もあります。

NEXT 現代版こっくりさん?「チャーリーゲーム」はメキシコ発祥