ノーパン喫茶はどんな風俗店?現在はある?歴史やサービス内容を解説

ピンクサロン

こちらも先述したしゃぶしゃぶ店のよにうに、建前は飲食店になるお店です。しかし店内で行われるサービスの実態には、性的なサービスがあり、本番の性行為がないだけで、風俗店並みのサービスを受けることのできる表対になっています。

その他のお店やジャンルよりも、手ごろな料金でサービスを受けることができるので、繁華街を中心に日本全国で人気を博していくこととなります。

当時の雰囲気を知れる!ノーパン喫茶が登場する映画

igorovsyannykov / Pixabay

今や存在しない店なので、文字だけの情報ではあまり当時の雰囲気までを感じ取ることは難しいところもあるでしょう。そこで、当時の雰囲気を知ることのできる、参考になる映画があります。これには実際に登場もしているのでもっと知りたい人にはおすすめです。

女子大生 ザ・穴場

[DVD]” href=”https://www.amazon.co.jp/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E7%94%9F-%E3%82%B6%E3%83%BB%E7%A9%B4%E5%A0%B4-DVD-%E5%AF%BA%E5%B3%B6%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%BF/dp/B00JJJNS20?SubscriptionId=AKIAJL7GHKLTYQNXOWTA&tag=leisurego-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00JJJNS20″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>女子大生 ザ・穴場 [DVD]</div></div>

Amazonで見る

この作品では、海外への旅行を計画する女子大生が、そのお金を稼ぐべく喫茶店でバイトをする姿を描く作品です。そこを舞台におりなす人間関係のドラマが繰り広げられます。

また、当時実際にあったのではないかといわれている、抽選での濃厚なサービスなど宇トーリー上で随所に見られるリアルなお店の描写で、実際の雰囲気を確かめることができるでしょう。

野獣刑事

Amazonで見る

1982年に公開されたこの映画でもこのお店が登場します。詳しい登場シーンまではわかりませんが、破天荒な刑事である大滝という人物が中心となる話で、大滝はマスコミに事件をリークしたり、おとり捜査をいとわなかったりとかなりの自由な人物。

さらには、自分が逮捕した事件の関係者の女性に手を出し関係を持っていたりとするのですが、ある事件をきっかけにその関係を持った女性におとり捜査をさせて、自分の手柄を立てようとします。そこから事件解決に向けていくといった話です。

ノーパン喫茶が許された時代

StockSnap / Pixabay

今では考えられないほどの内容の濃いお店を紹介してきたところですが、なぜそこまで寛容な時代だったのか、その時代背景にも焦点を当てていきましょう。実は当時はこうしたトップレスに寛容な時代だったそうです。

女性が胸を出すことには、抵抗は今ほど大きくなったといわれています。もちろん、一般的には抵抗があったことは事実ですが、その抵抗の低さはテレビ番組からも察することができるほどです。

StockSnap / Pixabay

その当時では、テレビで女性が胸を出しているシーンもあったのです。今では不適切なコンテンツと呼ばれるものですが、当時はコンプライアンスの問題なども相当にハードルが低いものだったことが、こういったお店の人気の背景にあります。

その他性文化に関する記事はこちら

ノーパン喫茶の復活を願う声も多い?

MireiaPascual / Pixabay

時代が時代だっということもありますが、その後廃れてしまった文化。しかし今でもその復活を願っている人は多いといわれています。それはもちろん、性的な楽しみの意味もあるようですが、そのほとんどが昔の思い出を懐かしむためという理由です。

過去の思い出を少しでも懐かしみたい、今はなくなってしまって際しいという意見が多いようなのです。当時のことを知っている世代にの人からすれば、少しでも復活することは相当な喜びなのではないでしょうか。

懐かしくて面白い昭和の性文化

meinrobert / Pixabay

今では考えられないほどの過激な内容が存在したお店。それだけ聞くと許されないと思いがちですが、しかし昭和のまだ規制の甘かった時代ではそんな文化も成り立っていたのです。寛容でどこか面白い昭和の文化は今では貴重な良い思い出となるでしょう。

NEXT ノーパンしゃぶしゃぶに関する記事はこちら