イソマグロ釣りに挑戦しよう!生態や釣り方、気になる食べ方まで

この記事をかいた人

イソマグロとは?

イソマグロの分類

イソマグロは、スズキ系・スズキ目・サバ亜目・サバ科・イソマグロ属にに分類される魚で、特徴は成魚になると全長1~2mの大きさになります。マグロと名前はついていますが分類が違い、イソマグロ属の分類となりなます。マグロ類より下あごががっしりしており、鋭い歯を持っていて、体形は前後に細長く、体色は背側が藍色で腹側が銀白色をしています。味は脂身が少なくさっぱりしており、焼き魚や唐揚げなどがおいしく食べれます。大型個体にはシガラテ毒の可能性があるので注意しましょう。ハガツオと似ていますが、背中の縦線模様がないのでそこで見分けましょう。

イソマグロの性質

イソマグロは外洋に面した沿岸や島の周辺を群れで遊泳習性があります。個体が大きくなるほど群れの数が少なくなり、単体で行動するイソマグロもいると言われています。イソマグロは遊泳能力が高く、速い潮の流れの中でも高速で泳ぐことができます。イソマグロは、マグロやカツオなどと一緒で、休むことなく泳ぎ続けることができます。大型の個体では2m以上、80kg以上のイソマグロも発見されています。

イソマグロの生息地

生息地は海水魚で南日本熱帯や亜熱帯の沿岸、インド太平洋などで生息していて温かいところを好みます。日本だと伊豆や小笠原諸島、南西諸島などで多く見られます。数十尾で群れを作り、岩礁やサンゴ礁の周辺を遊泳する傾向があります。肉食魚で同じ環境にいるタカサゴやムロアジ、イカなどを捕食しています。

シガラテ毒とは?

シガラテ毒とは、熱帯の海洋に生息する、プランクトンが発生させる毒素に感染した魚介類を摂取することによって起こる食中毒です。症状は、吐き気や下痢、腹痛などが数日から数週間続き、酷くなるとめまいや頭痛、感覚麻痺などの症状も起こします。シガラテ毒の見分けは非常に難しく、シガラテ毒は熱処理してもなくならないので十分注意してください。簡易的にシガラキ毒を保有しているかわかるチェックキットもあるので、キットでチェックしてから食べるようにしましょう。

イソマグロの釣り場所や時期

イソマグロはどこで釣れる?

イソマグロは暖かい水温の場所を好むため、主に伊豆や小笠原諸島、南西諸島などに分布しています。そのため、イソマグロ釣りはこれらの地域で挑戦する必要があります。

イソマグロの時期は?

イソマグロは年中釣れる魚です。しかしイソマグロは温かい時期を好むため、5~7月が一番釣れるシーズンです。南から北に捕食対象であるムロアジが移動してくるため、それらの獲物を追いかけてイソマグロも北に移動してきていると考えられています。7~10月も水温が温かい時期でしたらかなり釣れます。

イソマグロの時間帯や天気

イソマグロの時間帯は?

NEXT イソマグロの時間帯は?