ポピーザぱフォーマーとは?検索してはいけない言葉のトラウマアニメ!

ポピーザぱフォーマーはキッズステーションで放送された短編アニメです。ブラックなストーリーと残酷な表現を上手くまとめたシュールな演出がトラウマになった人もいる一方で、大勢の人が魅了された作品です。ポピーザぱフォーマーのストーリーや制作秘話についてご紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

ポピーザぱフォーマーとは?幼児向けとは思えないブラックなアニメ!

隠れた名作やその作りからブラックなアニメと評されるこの作品の存在を知っているでしょうか。放送は限られた放送で、キッズステーションでかつて放送されていただけの物でした。

放送期間は2000年1月から2001年に及ぶ僅かの期間になりましたが、その内容と変わったキャラクターで注目を集めていた作品となります。その世界観は、内容がブラックな物だけに、シュールなストーリー展開でこちらも注目を浴びた一つのりゆでした 。

また、実は知られていない話数もあって、そちらは放送禁止回となっているのです。そのために検索してはいけない言葉としても扱われている作品でもあるのです。

当時見ていた人はその衝撃的で猟奇的な回もあることから、驚いている人もはまっていた人も居ることでしょう。また、見たことない人は検索してはいけない言葉でなじみ深い人も居るかもしれませんが、放送後から数年たつ今でも話題の絶えない作品なのです。

ポピーザぱフォーマーのストーリー

見たことない人も、一度は試聴したことのある人も改めてこの作品の世界観やストーリーを聴かれると、どんなものか理解できていない部分は多いと思います。そこで、この作品の大まかなストーリーについて調べていきましょう。

ポピーザぱフォーマーのストーリー①舞台は砂漠のサーカス

この作品における共通の設定やストーリーといってものを調べていきます。まず舞台は砂漠のサーカスというものです。そこでメインとなる二人のキャラクターが遊んだり、時に喧嘩したりを行って面白おかしく過ごしていきます。

しかし、内容は過激なものもあり、時にはお互いの体を切ったり爆発させたりとユニークなものにあふれています。また、色々な話題で盛り上がる二人ですが、感情が変わるのみで言葉がなく、その表情が怖い時も。

そのため、サーカスという世界観も忘れてしまうほどの恐怖を感じるときもあり、当時見ていた人も今キャラクターの画像を見ただけの人も、子供が少し怖がってしまうのも仕方ないと思えてしまうほどの作品です。

なぜ、舞台が砂漠なのかについては後述しますが、背景となる部分は3DCGで作られており、それも奇妙な雰囲気を放っていました。

ポピーザぱフォーマーのストーリー②クラウン見習いと助手が主人公

この作品のストーリーを繰り広げるのは主に二人の主人公が広げていってくれます。一人はサーカスのクラウン見習いとなる「ポピー」、一人はその助手となる仮面をかぶった獣のような姿をしている「ケダモノ」です。

この二人の詳細な情報についても後程紹介しますが、彼らが主に作品内で登場するメインキャラクターとなります。クラウンとは、サーカス内では司会や間を埋めて曲芸の余韻を冷めないようにする役目を担う者のことです。

おどけ役を演じることもあり、曲芸の流れを作ったりと大切な役どころですが、そんな見習いとなるポピーなのです。それに対して、助手となるケダモノですが、実はポピーよりも色々な演技が曲芸がうまかったりします。

そんな二人が毎度織りなすギャグや失敗など話題に事欠かない暮らしを描いているのがこの作品の見どころなのです。

ポピーザぱフォーマーのストーリー③主人公たちのギャグコメディ

主人公たち二人がどんな話を繰り広げていくのかというと、この作品は全てが一話完結の5分アニメであり、ギャグコメディとなります。特に次の話に謎を残したままにするといった事はありません。

しかし、往年のギャグアニメといったものとは少し違っており、これもキャラクターにセリフがないためか、非常に独特な間と雰囲気でギャグが進んでいきます。

今でこそギャグで見れてしまう描写もありますが、お互いの体を切ったり体を食べたりと奇天烈な内容もあるので、子供には少々衝撃的なシーンもあるかもしれませんが、二人はいたって楽しく過ごしているギャグなのです。

ポピーザぱフォーマーの特徴とは?

NEXT ポピーザぱフォーマーの特徴とは?