オマージュの意味は?由来とパクりやパロディなど類語との違いも紹介!

オマージュ作品④プレデター2

プレデター2(字幕版)

Amazonで見る

1990年公開の映画『プレデター2』。地球外生命体プレデターとアメリカ特殊部隊の死闘を描く映画ですが、こちらには同じく宇宙からの侵略者『エイリアン』へのオマージュが見られます。

作中に登場するプレデターの本拠地には、エイリアンのものと思しき頭蓋骨が飾られているのです。どちらも宇宙からやってきた存在ですから、この共演(?)はある意味では自然なものなのかもしれません。

オマージュ作品⑤ドラゴンボール

ドラゴンボールZ 神と神

Amazonで見る

言わずと知れたバトル漫画の最高峰『ドラゴンボール』。これまた有名なサイヤ人の主人公・孫悟空の名前は、『西遊記』の登場人物の名前をそのまま拝借したものです。

また作者・鳥山明の作品『Dr.スランプ』の登場人物Dr.マシリトは、「イヤなやつ」として当時の編集者・鳥嶋和彦をモデルにして作られたなど、ユーモラスなエピソードが数多く語られています。

「オリジナリティ」はどこにあるのか:①ロシア・フォルマリズム

pixelcreatures / Pixabay

それでは最後に、オマージュとパクリをめぐる言説のキーでもある、「オリジナリティ」について、いくつかの文学理論を参照しながら、考察してみることにしましょう。

文学研究の世界においては、「文学とは何か」という問いがしばしばなされ、古今東西の学者がさまざまな説を唱えてきました。まずは「ロシア・フォルマリズム」についてご説明しましょう。

ロシア・フォルマリズムとは?

opsa / Pixabay

ロシア・フォルマリズムとは、1910年代半ばから、ロシアの文学者・言語学者を中心に展開された、文学批評運動のことです。著名な人物として、言語学者ヤコブソン、批評家シクロフスキーなどが挙げられます。

ロシア・フォルマリズムそれ自体は、比較的「短命」な運動でしたが、彼らの主張や研究手法などは、のちの文学理論に多大な影響を与え、現在でも研究の対象となっています。

「異化」と「詩的言語」

Lisy_ / Pixabay

ロシア・フォルマリズムの一派は、文学作品を文学たらしめるものは何か、という問いに対し、「異化」という概念を提唱しました。異化とは、慣れ親しんだものを、それとは異なるものにすることです。

「異化」とは「日常言語に組織的に加えられる暴力」であり、その結果生まれるのが「詩的言語」であると、ロシア・フォルマリズムに属する文学者たちは考えたのです。

詩的言語の具体例

ThoughtCatalog / Pixabay

詩的言語の具体例として、日本語の七五調が挙げられます。七五調は、日本語においては語呂や調子がよく、耳に心地よいものではありますが、日常会話で七五調を話す人というのはいません。

このように考えれば、俳句は日常言語を五七五音節に組織替えする形で異化を行っている、それゆえ詩的言語であり、文学である、ということができるのです。

ロシア・フォルマリズムの破綻

Pexels / Pixabay

このように、異化、すなわち通常の表現を変形したものを、ロシア・フォルマリズムにおいては文学性の本質とみなしていました。しかし、何をもって「変形」とみなすのか、という判断は困難です。

さらにそうした判断には、地域差、歴史的推移など、考慮しなければならないことがあまりに多すぎることが明らかになり、最終的にロシア・フォルマリズムの論理は崩壊してしまったのです。

NEXT 異化は「オリジナリティ」の根拠になり得るか?