デスファイルは人の死を映す猟奇的な動画!内容や裏話をご紹介

デスファイルはやらせという噂も?

8385 / Pixabay

あまりに過激で、いっそ劇的にすら見える内容から「さすがに本物ではないだろう。デスファイルはやらせビデオに違いない!」という根強い噂も存在していました。

ファンからは怒り心頭な意見ですが、監督は意外にも「そういう面もある」と肯定しています。

デスファイルには一部フェイク映像も混じっている

pixel2013 / Pixabay

監督本人ははっきりと、デスファイルにはフェイク作品を混ぜ込んでいると認めています。たとえば第一作目には、ライオンが人間に襲いかかるシーンがありますが、あれは意図的にやらせ映像だと分かるようにしたと語ります。

それは視聴者ではなく、制作関係者に向けてのアピールだったのです。

デスファイルを輸入しやすいようにわざとフェイクを入れている

Mediamodifier / Pixabay

あえて分かりやすい偽物を混ぜ込むことによって、「デスファイルはよくできた作り物なんですよ~」という体をとり、輸入審査を通りやすくするという監督なりの作戦だったのです。

それだけで本物の死体が誤魔化せるものなのか、かなり疑問ですが…。結果、デスファイルは日本市場に出回るようになったのです。

デスファイルを観る手段は?

makamuki0 / Pixabay

すっかりデスファイルに魅了され、是非見てみたい!と思った方もいたことでしょう。ですが販売からはや数十年、かなり古い作品であるため入手が難しいのが現状です。

それでも、視聴する手段がまったくないわけではありません。たとえば以下のような方法が考えられるでしょう。

デスファイルを置いているレンタルビデオ店を探す

tookapic / Pixabay

最も基本的な手段として、レンタルビデオという手段があります。

昔から地元にあるような、店主の趣味で、古くマイナーなタイトルを網羅しつづけているようなショップが良いでしょう。ネットの口コミなども頼って根気よく探し続ければ見つかるかもしれません。デスファイルへの道のりは険しいのです。

デスファイルを販売している所は少ない

kirstyfields / Pixabay

レンタルでなく購入という方法もありますが、販売している店はネット・実店舗に限らずもはやかなり希少です。

大手通販サイトamazonですら一作しか扱っておらず、それも高額であったり売り切れのことも多いため、デスファイルと出会うには相当な粘り強さと資金力が必要とされる手段です。

デスファイルはメルカリなどで販売されていることも

geralt / Pixabay

ある意味最も手近なのが、インターネットオークションでの入手です。

常に出品されるわけではありませんが、かつて購入した人がヤフオクやメルカリに定期的に売り出すため、毎日根気よくチェックしてみるのも良いかもしれません。運が良ければ競争相手もなく安価に落札できますよ。

デスファイルの監督はAV監督でもある三枝進

Bessi / Pixabay

デスファイルの監督である三枝進は、アダルトビデオの監督をつとめていることでも知られています。

アブノーマル作品を作るのが好きな変わり者の監督なのか?と思いきや、界隈では知る人ぞ知る、多数の名義をあやつる著名人だったのです。

NEXT 安達かおる名義でも活躍するドキュメンタリーの巨人