12アンタレスのインプレや性能をご紹介!12アンタレスは釣れるのか!?

13メタニウムのブレーキシューが使える

出典:Yahoo

12アンタレスの生みの親である村田基さんがおすすめしているセッティングです。12アンタレスのブレーキを13メタニウムのブレーキに変え、赤3個白3個でダイアル3〜6にしてみてください。飛距離が伸びたのを実感したところで、さらに自分好みにアレンジすることができます。

12アンタレスラインキャパのインプレ

飛距離を考えると軽いラインが好ましい

12アンタレスの強みである飛距離は、当然重いラインでは出にくくなります。ラインの太さもも3号なら120巻けますが、3.5号なら100m、4号なら85m、5号なら70mとラインキャパにも限りがあります。より遠くに飛ばしたいなら軽い、細いラインが必須です。もちろんラインの素材によっても重量が違いますので、PEにするかフロロにするかによっても飛距離が変わってきます。

12アンタレス深溝スプール

太いラインで重量級の釣りが可能

ラインの使用範囲の狭さを解消したのが深溝スプール。太い糸を使用したい時など、ビッグベイトに最適なのが、夢屋12アンタレス深溝スプール。ナイロンラインでも3.5号〜5号まで対応可能なので、釣りの幅がぐっと広がります。深溝スプール付属のブレーキシューは黒(Lサイズ)でこちらも最適なセッティングを探すのに微調整が必要です。

12アンタレスのインプレ

こだわり派のアングラーをうならせる12アンタレス

釣れる釣れないじゃない。これがあればいいと思わせてくれるリール。(引用:Amazon)

初代アンタレスも所有していたが、こちらの方が扱いやすく、さらに軽い。非常によく、もう一台欲しいくらいです。(引用:楽天)

4〜5万円の買い物は決して安くはないはずですが、その満足度の高さがうかがえます。

欠点はサイドカバーが開きやすいこと

ブレーキの微調整を必要とする性質のためか、毎回ではないもののキャスト時にサイトカバーが勝手に開いてしまい、バックラッシュの要因となる事例が出ています。これは自分で開閉部分をきつく締めるか、メーカーに連絡すると開閉レバーをきつくしてくれる対応をしてくれます。

12アンタレスと他リールとの比較インプレ

12アンタレスと13メタニウムの比較

出典:Amazon

12アンタレスとほぼ同じ搭載機能を持ちながら1万円ほど値段を抑えている13メタニウム。12アンタレスの場合は、肝とも言えるブレーキシューの固定が上手くいかないという点が改善されていて、13メタニウムではしっかりはまるようになっています。その反面、サイドカバーの開けにくさブレーキシューの外しにくさから、現場での微調整がしにくいとも言われています。

NEXT 12アンタレスと初代アンタレスの比較