失神ゲームのやり方や原理は?死亡例や後遺症も!【実践厳禁】

失神ゲームとは胸を圧迫したり息を止めるなどしてわざと気絶するゲームのことです。子供たちの間で流行し、毎年死亡例も報告されており問題視されています。この記事では失神ゲームのやり方とどのように危険なのかについて解説していきます。※絶対に真似をしないようにしてください。

この記事をかいた人

大学、大学院を獣医学部にて過ごし、養った知識と共に、興味あふれる内容をお届けします。

失神ゲームとは?わざと意識を失って遊ぶゲーム

VSRao / Pixabay

失神ゲームと呼ばれる、この危険なゲームは故意に意識を失うような行動をする遊びです。

その危険性が多く提唱されていますが、面白半分に手を出してしまう人も多く、死亡者や後遺症を残す人たちが後を絶えないのです。

Nick_H / Pixabay

特に現代においては幼いながらも、インターネットやテレビ、ゲームなどを通して、教育上良くない行為を目の当たりにする機会を持てる時代です。

情報の良し悪しが区別できず、取捨選択できない、好奇心旺盛な幼少期にこういった危険な情報を見て突っ走ってしまい、人生を棒に振ってしまう子供が年々増えてきてしまっているのです。

失神ゲームは命に関わる危険なゲーム

MichaelGaida / Pixabay

その行為を行った人の命を奪いかねない危険なゲームとして学校など教育機関では実行を禁止されています。

特に幼い子供たちは面白半分に、その本当の危険性を理解せず手を出してしまいかねないため、周りの大人達も注意しておきましょう。

ElisaRiva / Pixabay

現代はいじめ問題も多く、大人が気付けない所でずる賢くいじめ行為を行い、対象者が自殺してしまうという残念なケースも後を絶ちません。

つまり、大人がもっと子供達とのコミュニケーションをとり、大人の目を子供たちの生活やコミュニケーションに行き届かせなければいけません。

教育の場では失神ゲームとこっくりさんが肉体的や精神的に危ないとされ、禁止されています。こっくりさんについてはこちらの記事でご紹介しています。

日本では1970年代頃から行われていた

Kanenori / Pixabay

失神ゲームと聞いてもその名前を知らない方や現状どのような問題が初声死しているか知らない方が多いかもしれません、日本では古くから危険にも拘らず行われてきました。

現代と比べると失神ゲームを行っている世代や目的は幾分か違うのではないかと予想されていますが、危険な行為を行っている事には変わりありません。

Free-Photos / Pixabay

過去には命の危険に晒された方や後遺症を持った方や、死亡例もあり、その事からも失神ゲームの危険性が伺えるのです。

幼い好奇心から、これからの輝かしい未来に終止符を打ったり、思わぬハンディキャップを背負ってしまうという事は、本当に人生の中で勿体ない悲しい出来事です。

絶対に実践してはいけない!

kpuljek / Pixabay

世界中で行われているとされていますが、その危険性や死亡者が出る可能性もあるため、犯罪行為として扱われています。

それでもなお、今でもこの悲しい失神ゲームにより死亡している例があり、アメリカでは毎年、子供の失神ゲームによる死亡例が上がっています。

情報手段としてのインターネットや動画などを子供達から遠ざける事が、悪質な情報から守る手段としては有効ですが、出来ない今、子供達へ護身としての情報の選択を行う術を教えてあげるべきなのかもしれません。

失神ゲームのやり方は?気絶する原理は?

1388843 / Pixabay

失神ゲームと呼ばれる危険な行為は実際にどのようなやり方なのかをご紹介させていただきます。

しかしながら、絶対にこの危険な失神ゲームを行わないようにしてください。良くても後遺症、悪い場合は死亡してしまう場合があります。

自身の命を守るためにも、出来るだけ危険な行為は行わないのがベストです。

1人でのやり方①胸を圧迫する

Pexels / Pixabay

やり方の中で、多く行われているやり方がこちらです。まず深い呼吸を激しく何回も行います。

何回も深呼吸を行った後に、大きく息を吸い込み、息を止めるのです。そして、そのまま胸のあたりを強く圧迫します。

この方法により、人間は簡単に失神してしまうとされています。また、手短に出来るやり方として、幼い子供が真似してしまうのです。

1人でのやり方②首を締める

NEXT 1人でのやり方②首を締める