勝田州彦の生い立ちとは?両親は警察関係者?驚愕の犯罪歴など徹底解説

勝田州彦が歪んだ原因は教育環境にある?両親や交友関係に迫る

PIRO4D / Pixabay

犯罪に至るまでには何かしらのきっかけや、過去が関係してくるケースが多いのではないでしょうか。警察で警部まで上り詰めた父親と、警察職員だった母親の元で勝田州彦の身に何があったのかを紐解いてみます。

決して荒れていたわけではなかったとはいえ、何らかのきっかけがあったことは確かでしょう。それは幼少期に遡ることかもしれません。更には、そこまで至り両親も関係してきたことも伺えるのではないでしょうか。

勝田州彦は両親に溺愛されて厳しいしつけを受けて育った

Bru-nO / Pixabay

子供の誕生を祝う両親は当たり前にいますが、待望の子供が生まれたらどうでしょうか。長男を授かった時、勝田家にとって待ちに待った長男誕生の時だったことが伺えます。溺愛されていたことは確かなことかもしれませんが、同時に将来を期待され厳しいしつけを受けて育ったのです。

同じ道を望まないまでも、どこか生い立ちの中で過度の溺愛としつけが交差していたのではないでしょうか。堅い職業だった両親にとって、常識を教えることは当然ですが、それ以上に溺愛しつつ厳しかった真逆の態度がストレスを生んだのかもしれません。

勝田州彦の母は無関係を主張している

Free-Photos / Pixabay

事件が報道されて直ぐに、母親へのインタビューを行った記者がいます。顔こそ出すことはありませんが、その返答はまさに他人事そのものでした。貴社の質問に対して動揺していたとはいえ「そんなん言っても分かりませんから」と語り続けて「ドキドキしてしまって」「そんなこと言われて」と無関係のように対応しているのです。

元警察職員の対応ではなく、そこに居たのは息子を守る母親の姿が見て取れます。殺害された遺族への謝罪の言葉もなく、そこにあったのは溺愛し続けた母親と両親ではないかと言える発言でしょう。溺愛しすぎる生い立ちの中での一幕ではないでしょうか。

勝田州彦は学生時代や自衛隊時代にいじめを受けていた

geralt / Pixabay

中学校時代、高校時代に非行にこそ走らなかったのには、周りに触れない現実があったのです。いじめがあったことは確かですが、それは中学校時代からあったとされています。そのいじめで溜まったストレスはアニメの世界へと向かったのです。そこには生い立ちや環境が関係するかもしれません。

中でも空想の世界の女子が苦しんでいる様子を見て、快楽を得ることに繋がり歪んだ性壁へと繋がります。更に現実の世界ではできないことから、自傷行為で血を見て快楽を得ることを覚えたのです。そこから空想ではできず、自身ではない本物に向かったのに時間はかかりません。

勝田州彦の驚くべき性癖とは?女子に手をかけた理由

geralt / Pixabay

自傷行為について触れましたが、暴行・強制わいせつにまでに至ったのは女子に対する異常な生の欲求が原因と言えるでしょう。それだけではなく、ストレスの発散が自分を傷つけることに繋がったのですが「痛みを伴うこと」に対して、他人である女子ならと矛先が変わったのです。

あまりにも自己中心的な考えですが、殺害された女子とは面識がなかったことからも、誰でも良いから欲求を解消したい、と言う行動が見て取れます。

勝田州彦は自分の腹を刺してしていた?

stux / Pixabay

生い立ちは誰にもありますし、問題は誰におあるでしょう。ストレスの解消方法は誰もが抱える問題ですが、犯罪に至ることが許されるはずもありません。そこには必ず被害者がいて、遺族も存在していることは明白です。アニメを見ていることが犯罪に繋がることもなく、架空の世界に入り浸ったのにはいじめも絡んでくるでしょう。

それがなぜ自分の腹をさすと言った行動に繋がるか、そこには架空のアニメの中では内容によっては治る痛みも、現在ではあり得ないことへの区別が性癖によってつかなくなっていたことが挙げられます。当然のことながら出血をするので、血は更に興奮する材料へと繋がったことにも関係してくるかもしれません。

勝田州彦は自分の腹を刺せなくなり女の子を狙うように

derneuemann / Pixabay

「痛みを感じる」とした時、通常であればそこでストップがかかるのではないでしょうか。歪んだ性癖が矛先を変え「誰でも構わない」と言う結果に至ったのです。中学生の後半には、自らの腹を切ることに対して歯止めがつかなくなりますが、その後のいじめやストレスが要因ともされ、女の子を狙うようになります。

自分の腹を刺す行為がいつの間にか「痛み」を感じりますがで、満足を得られなくなったのです。殺害された女子の痛みなど考えにはなかったからこそなり得た行為ではないでしょうか。

勝田州彦は裁判で「女の子の苦しむ顔が見たかった」と供述

austinschrock / Pixabay

誰もが感じる「痛み」ですが、自分の行為だけに止まらなかった理由は異常なものです。供述では「女の子の苦しむ顔が見たかった」と話していますが、自分も感じた痛みを他人に向ける行為に賛同できる人はいないでしょう。「苦しむ顔」とは、まさに精神鑑定の余地があったことを促せるものです。

その上、犯罪歴が多い中14年間の間発覚しなかったことで、エスカレートしていったのではないでしょうか。歯止めのきかない中、自分の思うままに、欲望の働くまま明るみにされない事件があってはならないでしょう。

NEXT 勝田州彦は女生徒を刺しながら快感を得ていた