UDK姉貴とは?淫夢民からネタ扱いされる経緯と死亡説、現在も

UDKと淫夢民②高校や姿の特定

作品の主人公の担当を務めたとき、彼女は高校生でした。彼女がネット住民によって注目され始めたことにより、学校の名前やUDK姉貴の昔の写真などが次々と発掘されてしまうようになります。

後ろから写真で撮られた画像も出回り始めました。

UDKと淫夢民③号泣実況

Comfreak / Pixabay

彼女が号泣しながら実況する動画も投稿されました。彼女の友人である桜雪のチャンネルでも、動画を見る人に対して「これ以上人を傷つけないで」と泣いて請う場面もあり、ネット上で騒ぎとなったことも。

UDKの誕生経緯【淫夢民との和解】

sasint / Pixabay

主要登場人物の声の担当として有名になって、淫夢民からいじられ有名になり始めた彼女ですが、ここまでネット上で話題となり輝いたのはどうしてなのでしょうか。

UDKと淫夢民①HZNのセクハラ問題

クッキー☆の制作の主催者のHZNという人物が、魔理沙以外のキャラクターのボイスの出演を務めていたHNS姉貴とRU姉貴によってセクハラを受けたという証言をされ、ネット民によって叩かれ始めました。

UDKと淫夢民②告発に淫夢民も加勢

Comfreak / Pixabay

セクハラ被害を受けた出演者の証言によって糾弾され始めたHZNのことを、淫夢民も一緒になり叩き始めます。HZNはちゃんねるwikiでは人間の屑とまで書かれています。女性を装って未成年のファンをスタジオ収録見学とうそをついて誘い出し、足を触ったり抱き着いたとされています。

UDKと淫夢民③スレに受け入れのメッセージ

ribkhan / Pixabay

HZNの所業が淫夢民や出演者によって暴露され叩かれ始めたころ、ネットの住民に対してクッキーへの謝罪と理解を求め、受けいられるようになりました。

またHZNと距離をおくという発言をし、UDK姉貴の人気が急に上がり始めました。

 

UDKの誕生経緯【まさかの手のひら返し】

zhivko / Pixabay

主催者の軽率な行動で告発が起こり、騒然としたネット上ですが、時間の経過とともに次第に沈静化し始めます。

しかし手のひらを返した彼女の行動によって騒動がまたぶり返してしまうことに。

UDKと淫夢民①HZNに気遣いメール

TeroVesalainen / Pixabay

企画に参加した未成年の女性の個人情報をしつこく聞き出したり、ウソをついて呼び出した少女をホテルに連れ込もうとするなど、捕まってもおかしくないHZNに近況を心配するようなメールを送っていたことが判明します。

NEXT UDKと淫夢民②淫夢民への怒り発言