才木玲佳は筋肉アイドル!筋トレやベンチプレス重量は?なぜマッチョに?

才木玲佳は筋肉をつけて少しだけ後悔することもある?

qimono / Pixabay

才木玲佳さんは本格的に鍛え始めてからちょっと後悔があるようです。事務所にクレームが入り男性ファンが減ったことからもわかるように

日本人の男性からまったくモテなくなったようです。その経緯を見ていきたいとおもいます。

日本人男性に全くモテなくなった

ArtisticOperations / Pixabay

才木玲佳さんが本格的に鍛え始めてから男性ファンが激減しました。それにともない日本人の男性からはまったくと言っていいほどモテなくなったそうです。

逆に増えた男性ファンからはインスタグラムでも『逞しい肉体になりたい』というメッセージばかりになったようです。女性ではなく先生として見られることに複雑な心境なようです。

外国人には異常にモテるようになった

ktphotography / Pixabay

日本人の男性には師匠として見られる才木玲佳さんですが外国の男性からは驚くほどモテはじめたようです。逞しい体になりたいとばかりおくる日本人とは対象的に『結婚してほしい』とメッセージが届くようです。

ありのままの自分を好きになってくれる人を待つだけ

Pexels / Pixabay

日本人からは持てなくなり外国の男性にはモテまくる才木玲佳さんは価値観の合わない人の為に自分は変えることはせずに自分を好いてくれる人が現れるのをただ待つようです。

元祖アイドルレスラー

Yudionos / Pixabay

プロレス業界の花とも言える女子プロの選手たちその中でも強さと美貌を兼ね備えるのがアイドルレスラーです。

才木玲佳さんの前にもアイドルレスラーと呼ばれる女子プロレスラーの選手が何人も存在しました。

その中でも女子プロブームの礎を築きアイドルレスラーの元祖とも言われる伝説的なレスラーミミ萩原を紹介したいとおもいます。

ミミ萩原

un-perfekt / Pixabay

ミミ萩原さんはライダーガールズの1人として芸能界にデビューしプロレス界がビューティーペアが突如人気を博したときに突如としてレスラーに転身しアイドル歌手をやめて世の中をわかせた。

しかし芽はでずデビュー戦から87連敗し連敗記録を打ち立てたその後ヘルニアなどを克服しWWWA世界シングルチャンピオンとなりジャガー、ミミ、デビルのトロイカ体制をつくり女子プロブームの基礎を作りました。

現在は2005年にジャガー横田に呼ばれ20年ぶりにリングに復帰した。その後は広島県周辺で歌手やダンサーなどで活躍している。

マッチョな美人が他にも?

2018年にとある男性の彼女としてSNSでアップされた画像がムキムキの美女であった為大変話題になりました。才木玲佳さんのように顔と体にギャップがありゴリゴリのマッチョです。

さらには4月3日には動画がアップされリツイートが3万3700を超えファボも6万1000を凄まじいスピードで達成しました。再生された回数も130万超再生を達成しました。

話題になったこの美女は人気テレビ番組行列のできる法律相談所などにも呼ばれ出演しさらに世間を騒がせました。この人物は一体何者なのか?この美女について見ていきましょう。

女装した男性だった!

adamkontor / Pixabay

じつは世間をわかせた美女は女装をしたゴリゴリのマッチョの男性でした。この方は菅原辰馬さんという方でエイプリルフールネタということで女装したようです。

菅原辰馬さんはボディビルダーやパーソナルトレーナーとして活動しています。またマッチョ29という筋肉で日本を笑顔にする事をモットーにするグループにも所属しています。

ボディビルダーに関する面白い記事もありますのでこちらからどうぞ

NEXT 筋肉アイドル才木玲佳の今後の活躍にも期待!