冬キャンプも暖房で快適に楽しめる!事前に準備しておくおすすめアイテムをチェック!

ストーブなどの暖房器具の扱いに用心

2点目の注意点は、ストーブなどの暖房器具の扱いに気をつけなければいけないということです。具体的には、テント内での火器類の使用は厳禁です。なぜなら換気をせずにずっと使い続けていると一酸化炭素中毒になってしまう可能性が高まるからです。命に関わることなので、これは必ず留意しておきましょう。

ただ、絶対にテント内などでストーブ等を使うことができないわけではありません。テントに空気を入れ替えるためのベンチレーションが備わっているのであれば、前述の危険性は少なくなります。テント内でストーブやヒーター等を使うのであれば、テントの使用に気をつけましょう。

冬キャンプの用意はできるだけ早めにしておくべき

冬仕様のタイヤに交換

街中では雪が全然積もっていなくとも、山の中にあるキャンプ場に行くと予想以上に雪が積もっていることが考えられます。加えてキャンプ場までの道中が凍結しているなどの可能性もありますので、自動車やバイク等でキャンプに行くのであれば冬仕様のタイヤに変えておきましょう。

そして、冬キャンプへ行くのはなるべく余裕を持って早めにキャンプ場まで行くことが推奨されます。冬は日が落ちるのが非常に速くなっていますし、もし夕方や夜の到着となると路面が凍結している可能性が高まり危険です。ですので、日が昇っているうちにキャンプ場まで着けるようにするべきです。

AC電源が使用できるのかを確認しておく

キャンプ場によってはAC電源を備え付けており、使用可能な施設もあります。もし電源が使用可能であれば、普段自宅で使っている電気ストーブや電気カーペットなど、暖房器具を使用することが可能です。事前にキャンプ場に問い合わせたりして確認しておけば、当日キャンプ場に着いて暖房器具が使えるなんて知らなかった!ということにはなりません。

暖房アイテム等冬キャンプの持ち物選定ポイント

ストーブは耐久力のあるものを

お次は、冬のキャンプに持っていく持ち物の選び方のポイントについてです。まずは薪ストーブ等の暖房器具の選び方についてで、気温の低い冬のキャンプにおいては必ず持っていくことが考えられる暖房器具ですが、どんなものでも良いわけではありません。室内は厳禁ですから屋内での使用を想定し、寒い中でもちゃんと使用できるものにしましょう。

寝袋はマミー型のもので

気温が最も低くなる冬のキャンプの夜に使用する寝袋やシュラフは、マミー型と呼ばれる体をすっぽり覆えるものにしましょう。体をすっぽり覆えるということは頭まで収まって寝ることができるというわけですから、暖房器具の使えない就寝時には寝袋のタイプによって寝心地が大きく分かれます。

冬仕様のアウトドアアイテムを使うこと

暖かい季節のキャンプと同じ目的でもっていくものがあったとしても、気温が低い冬に使用することを考量して冬のアウトドア向けのものを選択することをおすすめします。例としては、キャンプの必需品としてテントがありますがこれも冬向けのものがあります。

内部に2つの部屋ができるタイプのものなら、奥の部屋で就寝することにすれば寒い外の空気を1つ目の部屋でシャットアウトさせることができます。素材に関しても、コットンが使われているテントは内部の熱が逃げにくいようになっているので、テント内を温かくしておくことが可能になります。

冬キャンプにおすすめの暖房アイテム:必須アイテム①

DODワンタッチテント

それではここからは、冬キャンプにおすすめの暖房に関するアイテムをご紹介していきましょう。まず最初にご紹介するのは必需品となるテントからで、DODの「ライダースワンタッチテント」のご紹介です。このテントは寒さ対策が必要になる冬のキャンプでも問題なく使用できるテントです。

通常火器類はテント内では一酸化炭素中毒になる可能性がありますので使用してはいけませんが、このテントは室内と室外の空気を入れ替える大きめのベンチレーションがありますのでテント内でも暖房器具を使うことができます。またワンタッチで設営できますので、すぐに設営して暖まれます。

NEXT コールマン「人型大人用寝袋」