人気魚メバル!旬の時期から釣り方、仕掛けまでを大公開

メバルを釣るときのタックルは?

 メバルを釣る用のタックルを作る際、何が意識して選ぶといいのでしょうか?

ロッドは感度がよく軽い物を

メバリングロッドには、2種類のタイプがありソリッドティップとチューブラティップがあります。そして、その中でも選択する方法は、しなりの良さや弾力性の強いものがよくて、疲れにくくするために軽いものを選択します。

ソリッドティップについて

ソリッドティップは、竿先の中に素材が詰め込まれているものです。とても細い竿先になっており、繊細な動きをするので竿のしなりによる反動がメバルにはわかりにくいです。そのため、メバルがルアーに食いついた時、違和感がなくそのままスムーズに、吸い込みやすくなっています。メバルが勝手に釣れる確率が上がり、メバルの食いが渋くなかなかヒットしないときに向いています。

テュープラティップについて

テュープラティップは竿先までが空洞設計になっており、適度な弾力があり程よい張りがあるため、小ぶりなメバルが掛かった時でも感じ取りやすくなっています。メバルが活発な時はこの竿が向いています。

リールは軽くてギア比が低いものを

リールの選択もとても大切で、自然な方でメバルを引き上げることが出来る性能があるリールが必要です。リールを巻くときに一定速度で回転させることが出来るものがよく、軽いものを兼ね備えていると最適です。

メバルが釣れる時間帯は?

メバルを釣るのは年中釣ることができると触れましたが、一番釣れる時間帯はいつになるのでしょうか?

ベストタイムはやはり夜

メバルは夜行性の魚です。夜になると水面に近づきプランクトンや小魚を探します。大きい目のおかげで夜の海でも1mぐらいまでの遠くのものをみることができるそうです。そのため、特にルアーで狙う際は夜の方が見破られにくいです。アクションがゆっくりでも気づかれにくいので初心者はワームを使う方が釣りやすいです。キラキラした色合いのルアーなどを使っても反応が激しいです。

明るい時間帯は釣れないの?

ベストタイムは夜、と書きましたが昼間など明るい時間帯では釣れない、というわけではありません。しかし先述の通りメバルは目がいいのでルアー、つまり疑似餌であることを簡単に見破ってしまいます。特にワームを使う際、生きているように素早く動かす必要があります。メバルは昼間、テトラポットや藻の根元などくらい所にいることが多いので延べ竿で隙間を狙うのもおすすめです。

NEXT メバルのおすすめ調理法