ソロ向けにもOK!コンパクトバーベキューコンロおすすめ7選をご紹介!

ソロ向けコンパクトバーベキューコンロおすすめ④ ユニフレーム ユニセラTG-Ⅲ

(出典:Amazon)

Amazonで見る

コンパクトバーベキューコンロのオススメとしては、必ずと言ってもいいほど候補に挙がってくるのが、このユニフレーム ユニセラTG-Ⅲです。

コンパクトとは思えないほど本格的

コンパクトなバーベキューコンロにしてしまうと、どうしても焼きスペースが小さくなってしまいます、ユニフレーム ユニセラTG-Ⅲの焼きスペースは、通常の焼肉チェーン店の網と同等の広さがあり、ファミリーで使用しても不便さを感じません。

火力にこだわった構造

コンパクトバーベキューコンロの弱点として、火力の低さもよく挙げられます。ところがこのコンロは、いかに少ない炭の量で、高い火力を出せるかということにとことんこだわっており、構造や素材にかなり力を入れています。

そのため、他の箱型のコンロに比べると、炭の量は相当少なくて済むのですが、それでも十分な火力を出してくれます。

オプションが豊富でアレンジが多彩

網焼きグリルとしての機能はもちろんのこと、焼き網を別のオプションに変更することで、更にその用途は多岐に渡ることができます。具体的には、鉄板タイプにしたグリルプレートや、仕切りが着いたおでん鍋タイプ、焼き網と仕切りが半々に付いた熱燗あぶり台など、キャンプだけでなく、普段からも使用してみたい仕様となっています。

ロングセラーが信頼の証

2017年で発売25周年を迎えるほど、実はロングセラー商品となっています。燕三条というブランドで作られた素材を使い、機能性にとことんこだわり、様々なニーズに対応してきたからこそ、これだけ長く支持されている商品となっています。

ソロ向けコンパクトバーベキューコンロおすすめ⑤ 尾上製作所 フォールディングBBQコンロ

(出典:Amazon)

Amazonで見る

元々は板金屋として活動していた尾上製作所ですが、そのノウハウを生かし、キャンプ用品を売り出すようになったところ、瞬く間に大ヒット商品となりました。中でも今回紹介するバーベキューコンロは、様々な場所で高い評価を得ている逸品です。

一体構造を採用

金物のノウハウを生かし、独自の一体構造を採用していることが特徴です。そのため、組み立ても簡単で、片付けも楽々にでき、持ち運びもクリアケースでできるというお手軽さが魅力です。

V字構造で、少ない火力を活かす

ユニフレームと同様のV字構造を取っているので、少ない火力でも十分な火力に変換できます。またその火力を生かし、焼き網を外して、焚き火台として使用することもできます。

コスパが高い

似たような構造を持つユニフレームのユニセラTG-Ⅲは、希望小売価格が12000円と、コンパクトバーベキューコンロの中でも高めの値段となっていますが、この尾上製作所のバーベキューコンロは4000円とかなり割安。ユーザーの中には10年近く使用している人もいるほどなので、そのコスパの良さがうかがえます。

NEXT フォールディングタイプの安定感