ゆらゆらと揺れながら眠れるハンモック泊が大ブーム|2019年おすすめのハンモック5選

ハンモック

これがないと始まりませんね。軽くて広いタイプ、自立してくれるタイプ、ハンモックと寝袋が一つになっていてミノムシ気分を味わえるタイプなどいろいろあります。ハンモック用のベルトがセットになっている物、なっていない物があるので、購入する前に確認しましょう。セットになっていなければ別で購入する必要があります。

タープ

ハンモックの上に、屋根状にかける布です。雪や雨、虫が落ちてきてもしのげますし、人の目を気にせずごろごろすることができます。夏場は蚊帳タイプで涼しく過ごすのもいいですね。夜にライトを使いたいときに周りの人に迷惑をかけることもないので、使うことをお勧めします。

マット

ハンモックに敷くマット、もしくはアンダーブランケットやアンダーギルトです。ハンモックに敷いて使う、寝袋のようなものもあります。少々かさばりますが、秋~春の防寒にとても力を発揮します。

シート

荷物が多いなら、荷物置き場としてシートが必要になります。その上で人が過ごすわけではないので、石などを気にする必要が無く、薄いもので十分。ピクニックシートでもいいし、大きめのごみ袋でも問題ありませんね。雨や夜露に濡れないよう、使わない間は荷物にぐるっと巻き付けておきましょう。

季節別の楽しみ方

ハンモック泊に最高の季節ではないでしょうか。座っていても横になっていても、全方向から風に包まれて過ごすことが出来ます。蒸れてもすぐに乾きます。日向だと暑いですが、タープで影を作ってあげれば快適です。

冬(防寒)

ハンモックは開放感がある分、心配なのが冬場。雪のシーズンでも楽しめるかどうかですよね。実は、ハンモックは防寒にも優れています。理由は、地面に触れないこと。雪や雨でぬれていたらもちろん、それでなくても地面に触れているとじわじわと冷えてきます。テントにシュラフを敷いていても、下側は潰れているので地面の冷たさが伝わってしまうのですが、ハンモックだとその心配がありません。外気と寝袋の間にマット、もしくは冬用ブランケットがあると充分に暖かく過ごせます。

春・秋

アウトドアに最適の季節も、ハンモック泊は楽しく過ごせます。自然を吹き抜ける風に身を任せる感覚を楽しんでください。日中は暑さを感じたとしても、明け方は冷える日も多いので、防寒のマットをお忘れなく。

ハンモックのタイプと特徴

NEXT コットン生地