強度最強のオルブライトノットを使いこなそう!結び方もご紹介!

オルブライトノットの強度、結び方、活用方などをご紹介します。強度は最強と言われているこの結び方ですが、実際にどのように結んで、そのように使えばその力を発揮出来るのかなど、この結び方について色々な角度からご紹介していきたいと思います。

この記事をかいた人

釣りが好きなライターです。 みなさまのお役に立てると嬉しいです。

オルブライトノットは引っ張りに超強い!

この結び方は、引っ張りに非常に強い結び方のひとつと言われています。まずは、この結び方の特徴や、その理由などについて解説していきたいと思います。これらの特徴を押さえておけば、きっちり丈夫な結びにする際にも、きっと役に立つはずです。

糸をたくさん結びつけるから強い

この結び方は、二本の糸をひとつに結びつけるものですが、その特徴としては、引っ張りる力に強いと言うことと、簡単に速い結びが出来ることです。その中でも、引っ張る力に強い理由として糸をたくさん結びつける点があります。このことにより、しっかりと結べる訳です。逆に言うと結び付けが少ないと弱くなってしまうのです。

摩擦に強い

糸をたくさん結びつけることで、二本の糸の設置面が多くなるため、この部分をしっかりと締めることで、設置面の摩擦力が多くなり、すっぽ抜けることなく、しっかりと結びつけることが出来るのです。このことから、糸が引っ張られる釣りで、良く使用せれています。フライフィッシングでは、メジャーな結び方のひとつです。

素早く確実に結べる

この結び方の特徴に、その簡単さがあります。しかし、手間がかからない訳ではないので、多少の練習はもちろん必要ではあります。しかし、それほど時間は掛からずに習得できるでしょう。簡単なため、素早く確実に結べるので、釣りの場面では、とても便利な結び方です。釣り以外にも活用出来る結び方なので、覚えておくと便利です。

オルブライトノットの使い道は様々

この結び方の活躍する場面は、いっぱいありますが、ここでは、釣りの場面に特化して、ご紹介いてみたいと思います。しっかりと強度があって、また、簡単で素早く結べるので、釣りの場面では非常に重宝するでしょう。具体的な例も踏まえて解説しましょう。

岩場で重宝する!

釣りの中に岩場での釣りがあります。この釣りでは、PEラインが岩にこすれたり、根がかりしてしまったりと、何かとラインが切れてしまうことがあります。なので、素早く簡単に結べる方法が必要になってきます。また、岩場から魚を引っ張り上げるため強度もそれなりに必要です。この結び方が重宝される釣りシーンのひとつです。

すぐに結べる!

釣り人のジレンマとして、ラインは速く結びたいけど強度もほしい、両方兼ね備えた結び方はないかと言う物があります。そんな中で、この結び方は完璧とまでは行きませんが、釣り人を満足させてくれるでしょう。すぐに結べて、強い引きにも対応出来るので、あらゆる釣りに活用出来ると思います。

フライフィッシングに使える

NEXT フライフィッシングに使える