メタルジグを簡単に自作する方法|初心者でも簡単に作れる!

いろいろな釣りに使われているメタルジグですが、お気に入りのメタルジグがなくなってしまったり、いたんだりしてしまったときは、また買わなければなりません。初心者でも簡単に、同じ品質でたくさん作れたらいいですよね?今回はそんな方法をご紹介いたします。

この記事をかいた人

アウトドア派です。皆さんに釣り、キャンプの知識をご紹介いたします。

メタルジグとは

メタルジグとは、どのようなものをいうのでしょうか?みなさんお使いのメタルジグについて詳しくお伝えします。

メタルジグとはジグの一つで鉛でできている

メタルジグというのはジグのひとつで、鉛を使用して作ったジグのことです。鉛をとかして、魚の形にかためて、それにホログラムなどをはりつけたものです。

メタルジグの自作がなぜ注目されているか

メタルジグを根掛かりして失くしてしまったときに、また購入すると、コストがかかってしまいます!そんなときにメタルジグを自作すると、とても経済的です!メタルジグを初心者でも簡単に作れる方法をご紹介します!

メタルジグを作成するさまざまな方法

自分でメタルジグをつくる手段はいろいろあります。まずは、かなづちで中通しのシンカーを叩いてのばす方法です。そのほかには、ステンレスを削ってつくる方法もあります。

ただ、これらの方法では、いつでも同じ品質のジグができません。そして、数多くつくることができません。いつでも同じ品質のジグを数多くつくる方法は、鉛を溶かして型に流し込むという方法です。

メタルジグを自作する方法①シリコンか石膏で型をとる

石膏、または耐熱のシリコンで型をとります。耐熱シリコンを使うほうが、うまくいきやすいですし、型が長持ちしてよいですが、コスト削減をねらうなら、石膏のほうがおすすめです。

初めてメタルジグを作成するかたは、まずシリコンで型をとる方法から初めてみてください。

メタルジグの型をとる方法

粘土板のようなもの(木の板でもよい)に油ねんどを平らに敷きつめます。そこに、型をとりたいジグを埋め込み、型枠(家にあるおもちゃのブロックや、板きれ、牛乳パックでもよい)で周りを囲みます。そこに耐熱シリコンまたは、石膏を流し込んで型をとります。

型をとるジグについて

型をとるジグについては、営利目的でない場合、市販のものを使ってもよいですが、うまくメタルジグの自作が出来るようになってくると、型も手作りしてもよいでしょう。

造形の方法は、削りやすいバルサを使います。この作業のときに、アイの径や、ワイヤーの太さを決めておかなければなりません。うまく、削れたらセルロースを使って、5回くらいディッピングとやすりを掛けてください。

メタルジグの型をシリコンでとる

NEXT メタルジグの型をシリコンでとる