パロマーノットの強度や結び方まとめ!PEラインとの相性も!

釣りのおもしろさには単に魚を釣るだけではなく、お気に入りの釣り道具やアイテムにもこだわりたくなるという深い魅力があります。パロマーノットも迫力ある釣りを楽しむには外せない人気の結び方です。なぜ人気があるのか、他の結び方とどう違うのかご紹介します。

この記事をかいた人

海外旅行、パワースポット、世界遺産、自然旅行が大好き!時間があれば登山めぐり。日の出見に一泊コースで頂上まで富士登山。全てを体で感じパワーをもらうのが大好きです!楽しく好きになれるアイテムをご紹介していきます!

そもそもパロマーノットって?

狙いたい魚やこだわりたいアイテムによってノットにもたくさんの種類があります。そのノットの中でも最高クラスなのがパロマーノットです。このやり方はラインをルアーやフックにつける際の結びつけ方のことを言います。簡単に覚えることができる結び方で、幅広いジャンルで人気があります。簡単に習得できるその手順も一緒に見ていきましょう。

主な使い方とその幅の広さ

パロマーノットの役割としては糸同士を繋ぐようにするのではなく、ルアーなどをラインと結ぶために使われているノット(結び方)のことを意味します。他のノットと同じくらいのさまざまなことに広く応用、利用できる性質を持っているので、オフショアジギングやバスフィッシングなど、さまざまな釣りで活躍します。

パロマーノットは他の結び方とどう違うの?

パロマーノットがなぜ人気で支持されているのか、大きな理由は2つあります。1つ目は誰にでもできる簡単な結び方であること。そして2つ目はルアーや針の結びの中で最大の強度を発揮するということです。簡単な結び方でなぜ驚異的な力を発揮するのか、それは2つ折りにしたラインをリングに通すというやり方にあります。

パロマーノットの強度は最強⁈

パロマーノットを使用する際にはおすすめのラインがあります。太めなタイプで、糸質は強度の高いものを選ぶと効果が高くなります。とくにフロロカーボンラインやナイロンラインで20lb以上が理想的です。そしてバラつきなくしっかりと結べば最大限にパロマーノットの凄さを発揮でき、引っ張り強度を100%にすることも可能になるのです。

パロマーノットの強度

実際の強度はどのくらいなのか。検証結果では30lbのフロロカーボン ラインを使用し、結び目がいったいどこまで耐えることができるかを検証したデータがあります。結果結び目が荷重の限界まで耐得ることができたという結果が出ています。平均強度を数値化すると88.9%〜約90%と非常に高い値であることが明らかになっています。

パロマーノットは最強の結び方と言われている

結束もダブルライン、サルカンとの接続の際もダブルラインとすべてがダブルの構造で出来ているからこそ強い結びが実現できます。長いルアーがついたまま結ぶのはループを金属部にくぐらせなければならないので困難に思われますが糸の玉結びや玉止めのように覚えれば誰でもできる簡単な結び方です。またハーフヒッチしやすい結び方でもあります。

ハングマンズノットとパロマーノットの違い

ここからは2つのノットの違いとメリットデメリットを見ていきましょう。パロマーノットとハングマンズノットの違いは、どちらも優秀で抜群の強度ですが、使いやすさにもそれぞれ特徴がありますのでご説明します。

パロマーノット

NEXT パロマーノット