アオリイカの釣り方を動画でチェック!エギングから船まで紹介します!

アオリイカを釣りに行くときの準備

一緒に持っていくと便利な物を紹介

【ラインカッター】ラインカッターがあると釣りの準備がスムーズに行えます。特に、PEラインは編んでいて普通のハサミでは切りにくいので、ラインカッターを用意した方がよいでしょう。下のTAKAMIYAのセーフティコンパクトPEシザーズは、セレーション(ギザ刃)付きでPEラインも切りやすいと評判です。

Amazonで見る

【タモ】釣れたイカをすくい上げるための道具です。竿のパワーだけでは釣り上げられない大きなイカを釣った時のために用意できると安心です。かさばるのがデメリットと言われますが、下のSanlikeのタモは折り畳み可能でベルトも付いているので、持ち運びに便利です。

Amazonで見る

【偏光グラス】水面のギラつきを抑えて海中を見えやすくするのが偏光グラスです。エギングの際には、追いかけてくるイカを見ながら釣ることになるので、用意したいものです。

また、海中の障害物やPEラインも見やすくなるという点でも便利です。下の「Zeque Vanq gaga」の偏光グラスは、その性能もさることながらデザインの評価も高いです。

Amazonで見る

【イカ締めピック】イカを締める際に必要になるイカ締めピック。目と目の間を突き刺して締めることになります。下の「フォールディングエギングツール」は、1つで「イカ締めピック」、手を汚さずにイカを取り込める「イカギャフ」、曲がったカンナを修正する「カンナチューナー」の3役が揃った優れものです。

 

Amazonで見る

【ヘッドライト】アオリイカは昼間よりも夜の方が活性が高いため、夜釣りが多くなります。特に初心者は安全のためにもヘッドライトを用意する方が良いでしょう。下の「ジェントス LEDヘッドライト」は、登山用に購入する人もいますが夜釣り用にも人気のある商品です。

壊れたり海に落としたりする可能性もあるので、予備を購入する人もいます。

Amazonで見る

トラブル防止の注意点

防波堤や磯場で釣りをする際、釣り上げた魚や貴重品等を海に落としそうになってバランスを崩し、海中転落する事故が発生することがあります。また、風に飛ばされたクーラーボックスなどに引きずられて転落する事故もあります。

こうした万が一のことがあるため、忘れずライフジャケットを着用しましょう。特に、平成30年2月の法改正では、小型船舶の乗船者にはライフジャケットの着用が義務化されました。下のダイワのライフジャケットは、この法改正に対応した桜マークAタイプのものになるので、オススメです。

Amazonで見る

アオリイカの持ち帰り方

NEXT 真水に触れない・氷に直接当てない