アカエイってどんな魚?料理のレシピや釣り方までご紹介!

水族館でも見ることができる平たい形状のエイという魚。いくつか種類がいますがその中にアカエイというエイが存在しています。食用ではありますが毒を持っていて危険なのだとか。ということで今回の記事では、アカエイの生態や料理レシピ、釣り方などをご紹介します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

アカエイについて知ろう!

アカエイとは食用のエイ

それではまず最初に、アカエイがどんな魚なのかということについて簡単にご紹介していきましょう。まず、アカエイの生態についてで、南側の日本に多く生息しています。大きさは80センチから1メートル程度が大半、大きいと2メートルにもなり、日本では食用のエイとして食されているのです。

釣りでも食用としても楽しめる

食べることのできるアカエイは、タックルを用意して釣りを楽しむことだってできるのです。つまりは自分で釣ることさえできればお店で捌いてもらって食べることまでできるのですが、実はこのアカエイは毒を持っているため釣りをする時などは警戒しなければいけないのです。それでは、アカエイについて詳しく紹介しましょう。

食べるとおいしいアカエイ

食用として美味しく食べられるアカエイ

ご紹介しました通り、アカエイは食用として普通に食べることができる魚です。あまり食卓にエイが並ぶということはないかもしれませんが、問題なく食べることが可能となっています。その中でも、美味しい食べ方としては煮付けやから揚げといったものがあるようです。

煮付けやフライがおいしい

前述のとおり、アカエイの主な調理方法として煮付けやから揚げ、フライなどが挙げられます。エイを食べたことがあるという経験のある方は非常に少ないとは言わないまでもそこまで多くはいらっしゃらないでしょうから、どんな味がするのか分からないでしょうがどの調理法にしても評価は高いです。

なるべく早く食べるべき

そんなアカエイは新鮮な状態で食べれば他の魚と同様とてもおいしく食べられるのですが、しかし他の魚以上に鮮度に気をつける必要があります。アカエイは鮮度が落ちてくるとアンモニア臭がしてきて、食べる気がそがれてしまいます。ただ、アンモニアは水に溶けるため水につけておけば臭いを取ることはできます。

アカエイ料理のレシピをご紹介|アカエイの煮つけ

アカエイの料理でもメジャーな調理法

それではここからは、ご紹介したアカエイの調理法ごとに味やレシピなどをご紹介していきます。まずは煮付けからで、この料理の方法はアカエイの調理法の中でもかなりメジャー、良く知られているものになります。アカエイに限らず、他にも食用のエイはありますが煮付けにしてまずかったということは無いです。

アカエイの煮付けのレシピを紹介

NEXT アカエイの煮付けのレシピを紹介