カワハギの釣り方をご紹介!タックルや仕掛けも!

日本各地で釣ることができて、食べても美味しいカワハギ釣り。堤防や船からも狙えて手軽に始められる釣りですが、しっかりとカワハギ釣りの基本を理解していただくために、今回は釣り方、おすすめタックル、堤防や船の仕掛けなど解説していきます。

この記事をかいた人

カワハギ釣りについて知ろう

カワハギは堤防や船から釣れる

カワハギ釣りは、堤防や船から楽しむことができる釣りです。釣って楽しく、食べて美味しいカワハギ釣りを紹介していきます。

カワハギ釣りはシンプルながら奥が深い釣り

カワハギ釣りは、少し難易度の高い釣りと言われています。それは、カワハギがエサ取り名人と呼ばれるほどのエサ取り技術があるからです。カワハギを釣るか、それともエサを取られるかの攻防戦がおもしろく、ゲーム性の高く奥が深い釣りという魅力があります。

カワハギ釣りの時期について知ろう

カワハギ釣りは釣る場所によって変わる

船釣りは、ほぼ1年を通して釣ることができます。堤防釣りは、産卵をするために浅場にやってくる季節、それは夏から秋にかけて釣ることができます。

カワハギ釣りを堤防でするなら夏から秋がおすすめ

堤防からは、サイズが大きくなる夏〜秋にかけてが狙い目になります。身の旬は夏ですが、秋〜冬にかけては肝がどんどん大きくなるためとても美味しいです。カワハギは、夜になると藻などに噛みついて眠っていますので、夜の釣果は期待できません。

カワハギ釣りを船でするなら一年中釣れる

カワハギは基本的に一年中狙える魚ですが、船で狙うトップシーズンは10月~12月になります。基本的に低い水温では活性が下がるため1月以降になると急激に釣れなくなります。冬を越すためにたくさんエサを食べ貯める時期が10月~12月なのです。

カワハギ釣りの場所について知ろう

様々な場所からカワハギは釣れる

カワハギは、砂地の多い港内や堤防に大量に生息しているため、堤防釣りができます。初心者でも簡単に堤防から釣れる ので、ひそかに人気を集めている釣りです。投げ釣りや磯釣りでねらうこともできますが、船に乗って沖釣りでは、ほぼ1年中釣ることができます。

カワハギ釣りの場所は北海道より南の地域

NEXT カワハギ釣りの場所は北海道より南の地域