釣り便利グッズはこれで決まり!定番からお役立ちグッズまで

釣り道具には、本当にたくさんの種類があります。これから道具を揃えようと考えている初心者の方は、何から手を付けていいか困ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、いろいろな釣り便利グッズを、使用シーンに合わせて詳しく紹介していきます。

この記事をかいた人

基本の釣り具「タックル」

タックルって何のこと?

釣り便利グッズを紹介する前に、まずは基本となる釣り道具についておさらいしておきましょう。釣りをするのに欠かせない基本セットのことを、まとめて「タックル」と呼びます。タックルに含まれるのは、主に「ロッド(釣り竿)」「ライン(釣り糸)」「リール(糸巻き)」「仕掛け」です。では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

View this post on Instagram

無骨をテーマに竿置きを製作中なのですが只今の作業25%終了 ・ 欲しいロッドホルダー無いので自作中なのです。 ・ なんとこの竿置き、高さ180cmなのに奥行き10cmと言う省スペース。 ・ 2枚目と3枚目の写真のコースレッドに傷防止の為にホースを切って差し込み、1×2建材の木材にねじ込んで竿受けにしてます。 この後はリールを収納するスペースを製作予定。 設計図は頭の中なので今後どうなるかは分かりません #竿を置き #ロッドホルダー #自作 #DIY #釣り竿 #収納 #無骨 #ワイルド #wild #goproのある生活 #hero5 #hero6 #釣り好きな人と繋がりたい #2×4 #1×2 #1×3 #fishinglife #fishingfun

A post shared by はたなchannel (@hatana.ch) on

タックル① ロッド(釣り竿)

ロッドの種類はたくさんありますが、いろいろな用途に使える万能竿というものがあります。ウキ釣り、サビキ釣り、ちょい投げ、ルアー釣りなど、さまざまな使用シーンに対応しています。最初に買う一本としては、万能竿がおすすめです。

タックル② ライン(釣り糸)

ラインは、素材によっていくつか種類があります。初心者のうちは、値段が安くて用途も広いナイロンラインがおすすめです。柔らかいので扱いやすく、伸縮性があり切れにくいという特長があります。ただ、劣化が早く、アタリ(魚がかかった感触)が伝わりにくいというデメリットもあります。

タックル③ リール(糸巻き)

リールにもいくつか種類がありますが、初心者にはスピニングリールがおすすめです。堤防釣り、ルアー釣り、川釣りと幅広く使うことができます。経験を積んで船釣りにチャレンジしたくなったら、巻き上げる力が強い両軸リールを選びましょう。

タックル④ 仕掛け

もっともオーソドックスなのは、ウキ釣りの仕掛けです。ウキやオモリを使って仕掛けを作ります。投げ釣りの場合は、ジェット天秤と呼ばれる重いオモリを使います。重いオモリを使うことで、遠くまで投げられる仕掛けを作ります。

定番の釣り便利グッズを紹介!

それでは、タックルと一緒に揃えておけばとても役立つ、定番の釣り便利グッズについて詳しく見ていきましょう。いろいろな使用シーンに応じて、ぴったりの釣り便利グッズを紹介していきます。あなたの釣りプランにマッチするアイテムが見つかるはずです。

定番① いろいろ使える水汲みバケツ

水汲みバケツは、ビニール製のバケツにロープがついたものです。海水を汲んで手元に置いておきます。いろいろな使用シーンで役立つ便利アイテムです。まず餌を触った後など、手を洗いたいときに使えます。また、釣った魚をクーラーに入れる前に、一時的に入れておくこともできます。えさの冷凍オキアミを解凍するために水につけておくのにも使えます。

定番② 魚を針から外すための小物

プライヤー

ペンチに似た外観の道具です。ブラックバスのような口の堅い魚でも、口の中にプライヤーを突っ込んで針をつかめば、安全に外すことができます。先が曲がっていて、魚の口の中に入れやすいようにできています。多機能タイプのプライヤーには、ラインを切るためのラインカッターなど道具をメンテナンスするための機能も備わっています。

針外し

魚が針を飲み込んでしまっていてプライヤーを使えない場合は、針外しを使います。先端がC字の形になった、棒状の金具です。C字の部分に釣り糸を通した状態で、魚の口の中に突っ込みます。糸に沿って奥まで突っ込んでいくと、針に引っ掛かります。そこでぐっと引き抜き、針を外します。

フィッシュグリップ

NEXT フィッシュグリップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です