釣り便利グッズはこれで決まり!定番からお役立ちグッズまで

フィッシュグリップ

フィッシュグリップとは、魚をつかむためのトングのような道具です。素手で魚をつかまなくても、針を外す作業を行うことができます。また、魚の中には毒を持っているものもあり、素手で触れるのは危険な場合があります。そんな場合でも、フィッシュグリップがあれば安心です。

タオル

小さな魚の場合は、フィッシュグリップでつかむと傷つけてしまうことがあります。そんな場合には、ハンドタオルを濡らしたものを使うと便利です。魚をつかむための道具としても使えるので、釣りにはタオルを多めに持っていくことをおすすめします。

定番③ 釣り具を収納するためのグッズ

タックルバッグ

タックルを中に入れて持ち運ぶためのアイテムです。水をかぶっても中身が濡れないように、耐水性のある素材で作られています。えさを入れておくこともあるので、保冷性も考慮した設計がされています。タックルバッグを使って道具を整理整頓しておけば、作業効率も上がります。

ルアーケース

ルアー釣りをするときは、いろいろな種類の疑似餌(ルアー)を用意しておく必要があります。釣りをする現場で、必要なルアーをすぐに取り出せるようにしておかなければなりません。そのために便利なのがルアーケースです。

定番④ 魚の鮮度を保つためのグッズ

バッカン

バッカンは多機能なアイテムです。さまざまな使用シーンで活躍します。道具を収納したり、撒き餌を入れておくこともできますが、釣った魚を一時的に放しておくこともできます。クーラーボックスがある場所から離れて釣りをしたい場合に、バッカンがあると非常に便利です。

クーラーボックス

釣り用のクーラーボックスには、さまざまな種類があります。入れる魚の大きさによって、必要になるクーラーボックスの大きさや形状も変わってくるからです。真空パネル製のものは保冷能力が高いですが、そのぶん高価です。初心者には、比較的安価な発泡スチロール製のものがおすすめです。

定番以外にこんなお役立ちグッズも!

定番の釣り便利グッズ以外にも、いろいろな使用シーンに応じたお役立ちグッズがあります。使用シーンごとに、どんなグッズがあるのか紹介していきます。これを読んで、あなたにぴったりのグッズをぜひ探してみてください。

お役立ちグッズ① 足場が悪い場所で便利なグッズ

NEXT キャリングカート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です