ホウボウの捌き方をご紹介!料理と食べ方も!

鱗を落とすのに便利なアイテム

Amazonで見る

魚の鱗を落とす時は、包丁の背でも取ることができますが、細かい場所などは、鱗取りの方が取りやすいです。こちらの商品は、身に残った骨も取ることができるため、おすすめです。

Amazonで見る

また、こちらの鱗取りも、鱗がはがれやすい!鱗が飛び散らない!と人気な商品です。汚れや臭いがつきにくく、水の切れが良くなる光触媒加工が施されているので、買って損は無しです。

ホウボウの捌き方をご紹介②肛門と胸ビレ前方に切れ目を入れる

頭を落とす前にちょっとした一工夫をすることで、後処理が一気に楽になります。鱗を削った後は、肛門と胸ビレに切り込みを入れましょう。

肛門前方と胸ビレに切れ目を入れる

尻ビレの付け根の黒くくぼんだ所が肛門です。この少し前あたりに、横に切れ目を入れます。そのあと、胸ビレの付け根から斜めに、胸ビレが包丁に乗るイメージで、軽く内臓が見えるくらいまで切り込みを入れます。

どうして切れ目を入れるの?

あとで頭を落として引っ張った時に、内臓がそのまま取り出すことができるため、卵などが入っていた場合に傷つけなくても済みます。ホウボウの卵も非常に美味しいので無駄にしないようにしましょう。

肛門と胸ビレに切れ目を入れるときのポイント

肛門と胸ビレに切り込みを入れる場合はどちらも軽く、包丁を入れてるのがコツです。ここで内臓を潰してしまったら後々生臭さが残ってしまったり、後処理が面倒になってしまいます。あくまで身だけを切るイメージで捌きましょう。

ホウボウの捌き方をご紹介③頭を落とす

いよいよ頭を落とします。この場合は、普通に、ダンッと下まで切り落とすのではなく、内臓も一緒に取り出す方法なので、間違えないようにしましょう。

頭を落とす

胸ビレの切り口からエラの付け根に刃を当てて包丁を入れます。中骨に刃先が当たったら一度止めて、裏返し、反対側も同様に切り込みを入れます。反対側も、中骨に刃先が当たったら、刃先を垂直にし、頭を切り落とす要領で、そのまま横に引っ張って、内臓を出します。

NEXT 頭を落とすときのポイント