フカセ釣りってどんな釣り?仕掛けや魅力について【入門編】

「ウキ止め→シモリ玉→スイベル→からまん棒」の順番でセット

以上が遊動式ウキの作り方です。各パーツを道糸にセットする順番をまとめると、釣り竿側から「ウキ止め糸→シモリ玉→スイベル→からまん棒」です。これらのパーツのセットが終われば、道糸部分のタックルは完成です。この後は、ハリス部分のセッティングに移ります。

仕掛けの作り方② ハリス部分の仕掛け

サルカンでハリスを道糸に接続

ハリスのセッティングは、通常のウキ釣りと同様に考えてOKです。まず、サルカンを使って道糸とハリスをつなぎましょう。サルカンとは、2つの輪っかが連結された形状の金具です。一方の輪に道糸を結びつけ、もう一方の輪にハリスを結びつけます。ハリスの素材は通常通りフロロカーボン製でよいでしょう。

ハリとガン玉も忘れずに

ハリスの先端を道糸につないだら、反対側の先端にはハリを結びましょう。また、ガン玉も忘れずにセットしましょう。ガン玉とは、オモリの一種です。風や波の状況によっては、仕掛けが沈みにくくなってしまうことがあります。そんなとき、ガン玉をハリスにセットしておくことで、仕掛けの沈み方を調節することができるのです。

フカセ釣りで釣れる魚

では、フカセ釣りで釣れる魚について見ていきましょう。非常に柔軟な釣り方が可能なので、あらゆる魚に対応できます。ただ、フカセ釣りの手法を大きく分けるならば、「メジナ狙い」と「クロダイ狙い」の2つに分類できます。そこで、それぞれの釣り方のコツについて説明します。

釣れる魚① メジナ狙いのコツ

潮の流れがある場所を狙う

メジナは、ふだん海底の岩礁帯に潜んでいます。近くへエサが流れてくると、浅い場所まで浮上します。この習性を利用して、マキエで浅い場所までおびき寄せます。なお、メジナは泳ぎが得意で、潮の流れが速くても気にしません。むしろある程度潮の流れがないと、エサがあっても反応しません。そこで、潮の流れがある場所を狙うことになります。

釣れる魚② クロダイ狙いのコツ

潮の流れが緩い場所を狙う

クロダイは、海底の傾斜部分を回遊しています。動き回っているところへマキエを撒き、足止めさせます。マキエを撒く意味合いが、メジナとは変わってくるのです。また、クロダイは泳ぎがあまり得意ではなく、潮が緩んだ場所を好みます。そのため、周囲に比べ潮の流れが緩やかなところを狙っていきます。この点も、メジナとは逆の戦略になります。

あると便利なお役立ちタックル

お役立ちタックル① バッカン・水汲みバケツ

フカセ釣りには、マキエが重要な役割を果たします。そのため、マキエを常に手元に置いておくためのバッカンを用意しておくと、非常に役に立ちます。また、マキエを練るために海水が必要になるので、すぐに海水を使えるように水汲みバケツがあると便利です。どんな場所でも海水を汲み上げやすいように、ロープ付きのものを選びましょう。

NEXT お役立ちタックル② ヒシャク