ニザダイは臭い?釣り方から美味しい食べ方までご紹介

ニザダイのガーリックソテー

柵取りしたニザダイの身を、食べやすい大きさに切り分けます。切り分けた身に塩コショウをします。フライパンにオリーブオイルと刻んだニンニクを入れ、弱火で香りを出します。ニンニクがきつね色になったらフライパンから取り出し、ニザダイの身を入れます。中火で表面をこんがり焼きます。焼けたらお皿に乗せ、さきほど取り出したニンニクをニザダイの身の上に乗せ完成です。ニザダイは皮の近くに脂が多いので、ソテーやムニエルにするとサケのような味わいになると言われています。

まとめ

磯釣りの外道と呼ばれているニザダイでしたが、釣った後の処理や調理方法では美味しく食べれる魚だったようです。関西、九州地方では、ニザダイがスーパーでも並ぶことがあるようですので、一度ニザダイ料理を試してみてもよさそうです。