カジキの生態から料理までご紹介!アングラーの憧れ、カジキはどんな魚?

この記事をかいた人

カジキとは?

みなさん「カジキ」はご存じでしょうか?ある人にとっては「テレビ番組で南の島でよくトローリングされているあの魚?」という印象だったり、ある人にとっては「スーパーで売られているカジキマグロのこと?」という印象だったり人によってその印象は様々だと思います。今回は名前はよく聞くけど、実際のところそんなによくは知らない、そんな魚「カジキ」に焦点を当ててご紹介いたします。

「カジキマグロ」という魚はいない?

よくスーパーや料理店などで「カジキマグロ」という名前を耳にされることがあるのではないでしょうか。ただ、実際に「カジキマグロ」として売られているのは「メカジキ」か「マカジキ」で、「カジキマグロ」という名の魚は実はいないんです。「カジキ」はスズキ目カジキ亜目の魚で、マグロはサバ科の魚。どちらも外用を泳ぐ魚で、刺し身用の高級魚であり、身の質感や味が近いことからそう呼ばれてきています。

スポーツフィッシングとして人気

「カジキ」と言えば、トローリングを連想される方も多くいらっしゃられると思います。海外ではトローリング、つまりスポーツフィッシングの対象として人気で、メキシコのロスカボスでは年間約40,000匹もの「カジキ」をはじめとしたビッグフィッシュが釣り上げられています。この「ロスカボス」はマーリンキャピタル(カジキの聖地)として有名で、トローリングの世界選手権である「ビスビーズ」が毎年開催されています。

カジキの生態について詳しく見てみよう!

そんな「カジキ」ですが、実際はどんな魚なのでしょうか?南の島を荘厳に泳いでいる魚で、私たちの食卓にも馴染みの深い「カジキ」。ここでは、「カジキ」の特徴や分布と種類、そして釣れる時期などを通して、「カジキ」の生態に迫ります。

カジキの生態① 特徴

「カジキ」の特徴と言えば、なんといってもその長く伸びた「槍」のような鼻先。これは実は上顎が伸びてできているんです。「吻(ふん)」と呼ばれるこの部位は、よく「剣」に例えられます。英名「Swordfish(ソードフィッシュ)」、つまり剣(ソード)の魚(フィッシュ)とはよくいったものです。

「吻(ふん)」の役割

この口元から長くのびている剣のような「吻(ふん)」は、「カジキ」の武器となっています。エサとなる魚を捉える際に左右に激しくふりまわし、魚に打撃を加えることに用います。イワシやサバなどの大群のなかに入っていき、この「吻(ふん)」を振り回すと、打撃を加えられたイワシやサバは気絶したり、傷をを負ったりするのです。また、サメに襲われた際には威嚇して身を守ることにも使われます。

呼吸のしかた

「カジキ」は他の速いスピードで泳ぐ回遊魚のカツオやマグロと同様に、エラを閉じて泳ぎます。そして、口から海水を取り入れ、エラの部分に常に流し込んでいくことで呼吸をします。ですので、泳ぎをやめてしまうと呼吸ができなくなり、死んでしまいます。

カジキの生態② 分布と種類

「カジキ」は温暖な海を好み、世界中の広い場所でその姿を見ることができます。その分布は種類によって様々で、「カジキ」の種類によっては寒帯地域まで回遊する種も存在します。ここでは、「カジキ」について種類ごとにその生態や分布を見ていきます。

マカジキ

NEXT マカジキ