ノースイーグルのワンポールテントが人気上昇!全7種を徹底解説!!

ノースイーグルはコスパ最高!今回はその中でも最近人気急上昇なワンポールテントをすべて解説。300、Big420、Big500、コットン300、フェザーライト200、ビッグフロント420、ツーシーン500の魅力を徹底解説しますので是非参考にしてください。

この記事をかいた人

アウトドア好き、特にキャンプと釣りが大好きだったから、皆さんにお伝えしたい情報を記事にしようと毎日奮闘しています!少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

ノースイーグルとは!

既にノースイーグルをよく知ってらっしゃる方にも、改めてノースイーグルというブランドの魅力を是非再確認していただきたいと思います。

ノースイーグルは北海道にある株式会社ナニワのブランド

ノースイーグルは、1929年(昭和4年)創業の老舗企業である株式会社ナニワが運営するアウトドアのブランドです。元々、株式会社ナニワは、アウトドア関連商品を東京と大阪の拠点を通じて全国のホームセンターに卸売りをしていました。なかでもアウトドアメーカーの最大手「コールマン」の製品の取扱量は、全国一誇っています。

10年ほど前から自社製品の開発にも取り組み、現在「ノースイーグル」(アウトドア用品)、「バース」(パークゴルフ用品)の2つオリジナルブランドを展開中ですが、アウトドアブランドの「ノースイーグル」は、おしゃれなデザインと圧倒的なコスパ戦略で多くのアウトドアファンの心をつかんでいます。

ノースイーグルはコールマンの卸売りNo.1のノウハウを製品づくりに活かしている

「いわゆる問屋の中抜き時代に直面し、我々もメーカーにならなければいけないと感じたのがきっかけ。アウトドアレジャー用品で培ったノウハウをベースに 自社の強みを伸ばす方向を目指した」

(引用:ノースイーグル公式HP)

代表取締役の今田雅史氏 は、公式ホームページでも上記のように明言していて、ノースイーグルの卸売で培った強みをメーカー戦略に活かしていることが読み取れます。具体的には、取引先メーカーとの競合を避けるための差別化戦略として商品ラインナップや価格帯をかえたり、幅広いユーザに対応するために取引先 メーカーの製品とオリジナル商品をトータルで提案するといった斬新な取り組みが光ります。

ノースイーグルのテント系は充実したラインナップを誇る

今回ご紹介するワンポールテントだけでなく、ノースイーグルのテントシリーズは、その種類の豊富さ、デザイン性に加え、なんといっても圧倒的なコスパの良さにより多くのキャンパーに愛されています。特に、そのラインナップの豊富さは圧巻です。

ノースイーグルのワンポールテントの特徴

ノースイーグルの印象はなんといってもコスパですが、ノースイーグルのワンポールテントの魅力はコスパにとどまりません。今回は数ある魅力の中から設営、空気循環、デザインの特徴を解説します。

ノースイーグルのワンポールテントは設営が楽!

ワンポールテントは、その名前の通り1本のポールでたてられるテントです。最近は設営が簡単であると人気が高いドームテントは複数のポールを組み立てらりする手間がかかりますが、ワンポールテントは1本のポールを立てるだけですから本当に設営も楽々なのです。その代わり何個かのペグを打つ作業が必要ですが慣れてしまえばそれも短時間で問題なくできるようになるでしょう。

設営が本当に簡単なのかを動画で確認してみましょう

いかがでしたでしょうか?インナーなしの場合で一人で設営していても10分かからずにできていました。ペグ打ちも特に難しい印象は受けなかったのではないでしょうか。我々は、もしかすると「ドーム型が設営は楽」という呪文みたいなものに縛られていたのかもしれないですね。

ワンポールテントはセンター部分が高いから空気循環が良い

NEXT ワンポールテントはセンター部分が高いから空気循環が良い