焚き火ハンガーでおしゃれに楽しむ!購入品VS自作ハンガー

キャンプで焚き火を楽しむ方の大半が、「焚き火ハンガーは便利」と言っています。今回は、スタイリッシュな焚き火ハンガーのご紹介と自作の焚き火ハンガーの作り方を一緒に解説していきます。貴方の好みに合わせて焚き火ハンガーを選んでキャンプをグレードアップしましょう。

この記事をかいた人

か弱きアウトドアファン。もう少し体力をつけて、ディープなアウトドアにも挑戦してみたいです。気軽にアウトドアを楽しんでもらえるように、分かりやすい記事を作成できればと思います!

焚き火ハンガーには魅力が満載!

スタイリッシュな見た目で、写真映えは抜群。見た目の良さだけではなく、便利さも兼ね備えた大変有能なキャンプアイテムです!この便利さを1度味わってしまうと、もう焚き火ハンガー無しのキャンプには戻れなくなってしまうでしょう。

直火料理を楽しもう

キャンプの大きな楽しみの1つが、暖かな炎をみんなで囲んで食べるご飯ですよね。薪の上で直接調理すると、火加減が難しくて焦げてしまうこともありますが、焚き火ハンガーがあれば火から少し離した状態で調理が出来ますので、失敗が少なく美味しい料理を作ることが出来ます。

焚き火ハンガーにつるしたポットで沸かしたお湯で飲むコーヒーが不思議とうまい 

ポットをつるした状態で火にかけるなんて、普段絶対することが無いお湯の沸かし方ですね。コーヒーを入れるという行為でさえ、非日常感を味わうことが出来ます。コーヒーショップでも体験できない、特別におしゃれなコーヒータイムになるでしょう。

焚き火をしていないときは調理器具をつるす道具にもなる  

調理が終わった後は、洗った調理器具をつるして干しておいたり、洗濯した衣類を干しておいたりすることも出来ます。キャンプでは火バサミや軍手など、細々したものを使うことが多いですよね。アレ、何処にあったっけ?と探し物に時間を食うこともしばしばありますが、つるしておけば一目で分かり易いので助かりますね。

焚き火ハンガーの使い方と使用上の注意

おしゃれでキャンプ気分を盛り上げてくれる道具ではありますが、やはり火と一緒に使うものですので、使用する時には注意が必要です。特にお子様がいるご家庭などは、最後まで楽しい時間になるよう、細心の注意を注意を払いつつ使いたいですね。

地面にしっかりと刺して使いましょう

使用する際に、最も重要になる注意点です。料理を乗せたりつるしたり、とても便利ではありますが、重心が偏ってしまうと転倒する恐れもあります。焚き火や熱せられた鍋など、人に当たってしまうと大変危険ですので、地面の固さも確認した上で、しっかりと深く刺して使うようにして下さい。

周りに燃えやすいものがないかをよく確認して使う 

周りに植物が生えていない、開けた場所で利用するようにしましょう。また、持ってきた道具をうっかりそばに置いてしまうと燃え移ってしまう危険もあります。使用する前、使用中、使用後も周辺に燃えやすいものが無いか確認してから使うようにして下さい。

非常に熱くなるのでお子様に注意

NEXT 非常に熱くなるのでお子様に注意