メバル釣り入門!仕掛けの種類や時期とポイントをご紹介!

メバル釣りは昼間でもできる?

メバルは昼間でも釣ることができます。ただし、岩礁帯や藻場などのストラクチャーに身を潜めている事が多いので釣りにくいです。ルアーを使うのであれば夜間がおすすめです。生餌を使う場合は昼間でも釣果は期待できます。

メバルの釣り方をご紹介|ポイント

メバルは岩礁帯や藻場等のストラクチャーの付近に居着きます。身を隠しながらエサを探しているのです。サッと飛び出しエサをくわえると反転して岩場に隠れようとします。反転して一気に潜ろうと走り出すので、小型のメバルでも引きは強烈です。

メバル釣りのポイントは障害物の多い所

メバルは広い範囲を泳ぎ回る魚ではありません。メバルが寄ってくるのを待つのではなく、メバル居そうなポイントへ釣り竿をだすのです。小さいメバルは群れを作ることが多いので、ポイントを見つければ同じ場所でパタパタッと釣れることごあります。

メバル釣りにおすすめなポイントは防波堤周辺

メバルを狙うポイントはストラクチャーのまわり。海で最も大きなストラクチャーは堤防です。堤防周りはメバルの好ポイントだらけ。特に狙うのは基礎石やテトラやパイル付近。障害物があってメバルが身をひそめることが出来そうなポイントです。

メバル釣りに最適なのは常夜灯周辺

夜釣りで粘るを狙う時の一級ポイントが常夜灯。メバルは目が大きい魚で暗闇でも視界が良好だといわれます。暗いところに潜み明るい海面付近を移動するエサを下から捕食します。常夜灯周りはメバルの好む小魚が沢山集まります。それを狙うメバルがハンターの様に暗闇に潜んでいるのです。

メバルをエサで釣りたい方はこちらの記事も参考にしてください

メバルの釣り方をご紹介|仕掛け(ジグヘッド)

ジクヘッドとは、フック(針)の根元部分にオモリがついたもので、ソフトルアー(ワーム)とセットにして使います。ジグヘッドのオモリは細かくグラム分けされターゲットや狙う深さによって選定します。

メバル釣りにおすすめなジグヘッドの選び方

昼間にメバルを狙う場合は海底付近に潜むメバルを狙うのでボトムまで沈めやすい2gから3g。夜間は宙層を泳ぐ小魚を演出するため0.5から1g程度の軽めを選択します。オモリの形状は基本の丸型のが良いでしょう。

メバル釣りをジグヘッドで行う魅力

疑似餌でメバルを釣るメバリングの中で基本になるのがジクヘッド+ワームの仕掛け。オモリサイズが細かく分かれているので表層から低層まで幅広い層を狙うことが可能です。ワームが動く水流がメバルの捕食スイッチを刺激します

NEXT メバル釣りにおすすめなジグヘッド